Microsoft Edgeのサイドバーの使い方・やり方【Copilotや画像生成、アプリを効率的に使おう!】

microsoft edge_side_bar_Microsoft Edgeサイドバーの使い方を徹底解説。

Microsoft Edge(エッジ)ブラウザーには、「サイドバー」という便利なバーが付いています。

 

AI生成をしてくれる「Copilot」や「アプリケーション」「好きなWEBサイト」を登録しておくと、すぐに起動できて便利です。

 

本記事では、以下のことが分かります。

・ Edgeのサイドバーの使い方
・ Copilotの使い方
・ Edgeサイドバーがやれること

 

サイドバーとは?

Edgeを開くと、右横にアイコンが並んでいます。これがサイドバーです。

microsoft edge_side_bar_使い方・場所

 

サイドバーには、好きなアプリケーションやWEBサイトを並べることができます。よく使うものを置いておくと、すぐに起動することができて便利です。

 

アイコンをクリックすると、縦長の作業ウィンドウに表示されます。

 

サイドバーを非表示にする方法

サイドバーを非表示、または表示することができます。

 


① サイドバーの右下にある「歯車マーク」をクリックします。「サイドバーを常に表示する」をクリックします。

microsoft edge_side_bar_サイドバーを表示、非表示にする

↑「✓」が付いていると、サイドバーが表示されます。

 

② サイドバーが非表示・または表示されたことを確認します。

 

アプリケーションを削除する方法

使わない・見ないアプリケーションを削除して、好きなものを追加できるようにしておきましょう。

 


① 削除したいアプリケーションのアイコンを、右クリックします。「サイドバーから削除」をクリックします。

microsoft edge_side_bar_サイドバーから削除

 

② するとアイコンが非表示になります。※インストールされているアプリケーションが、アンインストールされるわけではありません。

 

アプリケーションを追加する方法

よく使うアプリケーションを追加すると、すぐに起動できて便利です。

 


① 「+」をクリックします。

microsoft edge_side_bar_アプリの追加

 

② 例えば検索ワード欄に「スポーツナビ」と入力します。

 

③ すると作業ウィンドウに、スポーツニュースを表示することができました。

↑天気情報・LINEなど、よく閲覧するのであれば、設定しておくととても便利です。

 

アプリケーションの設定画面を開く

サイドバーにある、アプリケーションは、それぞれの設定を確認したり、変更したりすることができます。

 


① サイドバーの右下にある「歯車マーク」をクリックします。「すべてのサイドバー設定に移動」をクリックします。

microsoft edge_side_bar_全てのサイドバー設定に移動

 

② 確認したいアプリケーションをクリックします。

microsoft edge_side_bar_アプリ固有の設定

 

③ 試しに「Copilot」を選択すると、以下のような設定の確認・変更をすることができます。

microsoft edge_side_bar_アプリと通知の設定/Copilot

・ Copilotアイコンを表示、または非表示にする。
・ サイドバーでCopilotを自動的に開く、または自動的に開かないようにする。
・ Web上のコンテキストによるヒントを、Copilotが読み取ることを許可する。
※AIから、より効果的な回答を得たい場合は、こちらのトグルをオンにしておくことをおすすめします。

 

Copilotを使ってみよう

Copilotは、Windows11以外でも、Edgeで使うことができます。

 

Copilot in Windowsでは、Windowsの設定を変更することができたり、Edgeとの連携を取って文章の要約などのメリットがあります。その一方で、Edgeはブラウザ上で動作するので、「手軽に使える」「端末を選ばない」などのメリットがあります。

 

ここでは、Edge Copilotの使い方を解説します。

 


① Edgeブラウザを起動し、サイドバーの「Copilot」をクリックします。

microsoft edge_side_bar_EdgeCopilotの起動

 

② Copilot in Edgeが開きます。

 

③ 「会話のスタイルを選択」を選びます。無難な回答がほしいなら、「よりバランスよく」。物語調であれば「より創造的に」。理論的にしたいなら「より厳密に」を選択します。

microsoft edge_side_bar_「よりバランスよく」「より創造的に」「より厳密に」。

 

④ 入力欄に質問や聞きたいことを入力すれば、AIが回答してくれます。

 

⑤ 通常の質問であれば「チャット」で良いが、「執筆」や「アイデア」「メール文」を作ってもらう場合は、「作成」タブを押して、切り替えましょう。

microsoft edge_side_bar_作成

 

⑥「作成」では、回答される口調を変えることができます。適切な「形式」を選択しておけば、それに沿った文章を生成してくれます。「長さ」を選択しておくと、文字数を適切にしてくれます。

microsoft edge_side_bar_トーン

 

ノートブック(Notebook)機能を使ってみよう

EdgeのCopilotでは、「ノートブック」という機能を使うことができます。

 

ノートブックでは、最大18000文字の長文にも対応しています。たとえば、長文のものがたりや論文・レポートの作成や、プログラミングコードの生成などに活用することができます。

 


① Edgeを起動し、サイドバーの「Copilot」アイコンをクリックします。

 

② 「縦3つの点々」をクリックし、「ノートブック」をクリックします。

microsoft edge_side_bar_ノートブック

 

③ 上のスペースは、質問を入力する欄になっていて、下段ではCopilotが返事を返してくれる場所です。

 

④ 生成した文章は、「Word」や「PDF」「Text」ファイルに変換することができます。「↓」のボタンを押すと、選択画面が表示されます。

microsoft edge_side_bar_Copilot、Word、PDF、Textへコピー

 

サイドバーのOUTLOOKをつかってみよう

サイドバーに、Outlookを置いておけるので、メールや予定表・TO DOを素早く確認することができます。

 


① 「Outlook」アイコンをクリックします。

microsoft edge_side_bar_Outlook

 

② IDとパスワードを入力します。

microsoft edge_side_bar_Outlookメールパスワード

 

③ ログインすることができます。この画面で「メール」「予定表」「連絡先」「To Do」を確認することができます。

↑ウェブ閲覧をしながら、よくメールチェックをするという方は、とても便利です。

 

Microsoft 365への乗り換えは終わっていますか?

 

買い切り版のOfficeは、2026年にサポートが終了する予定になっています。

Amazonでは公式よりも割安で購入することができますので、おすすめです↓