Windows10の重い/遅いを解決!

windows10重い/遅いを解決

この記事について 【Windows10 重い/遅いを解決!】

近年では、SSD化により、パソコンの動作は高速になっています。
しかしながら、HDDを使用されている方はまだまだいらっしゃいます。

 

そこで今回は、少しでも速くする方法をご紹介致します。

 

買い替えたいけど、そこまでではない場合やリカバリもしたくないと言う場合に参考にして下さい。

 

スタートアッププログラムを整理_その1

パソコンを立ち上げると、同時に起動するプログラムが必ず存在します。

 

非常に便利な反面、メンテナンスをしないと不要に立ち上がってしまい、パソコンの動作が遅くなります。

 

そこで起動不要なソフトウェアは立ち上がらないようにしましょう。

 

① 「スタート」→「設定」をクリックします。

windows10設定

 

② 「アプリ」を開きます。

アプリ

 

③ 「スタートアップ」をクリックし、使用していないソフトを探します。
使用していないソフトが「オン」になっていた場合は、「オフ」に変更します。
※使用しているか分からない場合は、オンのままにしておきましょう。

アプリのスタートアップをオフにする

 

④ 完了したら右上の「×」で閉じます。

 

スタートアッププログラムを整理_その2

スタートアッププログラムは、別のところに存在している場合があります。

 

下記の方法で確認を行い、不要な場合は削除しましょう。

 

① 「スタート」を右クリック→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

 

② 「shell:startup」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

スタートアップ

 

③ フォルダが開きますので、存在するショートカットがあれば削除します。
※削除することで、次回起動時にソフトウェアが立ち上がらないようにすることができます。

スタートアッププログラム

 

バックグラウンドアプリをオフにする

通常は見えませんが、パソコンの水面下では大量のプログラムが動作しています。

 

その中には、不要なプログラムも動いている可能性があるので、いらないものはオフにしましょう。

 

① 「スタート」→「設定」をクリックします。

windows10設定

 

② 「プライバシー」をクリックします。

③ 少しスクロールし、「バックグラウンドアプリ」をクリックします。

バックグラウンドアプリをオフ

 

④ 使用していないアプリを探し、「オン」から「オフ」に変更します。
※使用していない確証が取れない場合は、オフにしないことをおすすめします

バックグラウンドアプリをオフ

 

パフォーマンス(視覚効果)を切る

パフォーマンス(視覚効果)を切ることで、パソコンの動作を軽くすることが出来ます。

 

パフォーマンスを変更する前は、画面の装飾がされているため、パソコンに負荷がかかっています。

 

見た目にこだわらないのであれば、変更しておきましょう。

 

① 検索バーに「cont」と入力し、検索された「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネル起動方法

 

② 「システム」をクリックする。

コントロールパネルシステム

 

③ 「システムの詳細設定」をクリックする。

システムの詳細設定画面

 

④ パフォーマンス欄の「設定」をクリックする。

パフォーマンスの設定欄

 

⑤ 視覚効果の「パフォーマンスを優先する」にチェックを入れ、OKボタンをクリックする。

パフォーマンスを優先する

 

⑥ そうすると、文字の細かさなどの装飾などが抑えられ、パソコンに負荷をかけない設定になります。一気に変更するのに抵抗のある方は、上記の項目を必要なもののみにして下さい。

 

ディスプレイ設定を軽くする

初期設定では、透明性が出ていたりアニメーション設定がオンになっています。

 

これにより、僅かながらもパソコンの処理能力を消費します。

 

見た目よりも、軽さを求める場合はオフに変更しておきましょう。

 

① 「スタート」→「設定」をクリックします。

windows10設定

 

② 「簡単操作」をクリックします。

簡単操作

 

③ 「ディスプレイ」画面をスクロールし、「Windowsにアニメーションを表示する」をオフに変更します。
つづいて、「Windowsの表示に透明性を適用する」をオフに変更します。

ディスプレイ設定

 

④ 半透明になっていた場所やアニメーションの見え方に変化が発生します。

 

一時ファイルを削除

パソコンを使用していると、一時的に使用した不要なファイルが溜まっています。

 

あまり溜めすぎると、動作が遅くなる原因になってしまうため、たまに削除するようにしましょう。

 

① 「スタート」→「設定」をクリックします。

windows10設定

 

② 「システム」→「記憶域」をクリックします。
「一時ファイル」をクリックします。

一時ファイル

 

③ 消去できるファイルの計算が始まります。
「ファイルの削除」をクリックします。

一時ファイルの削除

 

④ 「一時ファイルのクリーンアップが完了しました」の文面を確認します。

一時ファイルクリーンアップ画面

 

アプリケーションの削除

昔インストールして、今では使っていないアプリはありませんか?

 

インストールした時は後で消せばいいやと思っても、結構忘れ去られているものです。

 

一度、消せるアプリがないかを確認してみましょう。

 

① 「スタート」→「設定」をクリックします。

windows10設定

 

② 「アプリ」をクリックします。

アプリ

 

③ 「アプリと機能」の画面でスクロールし、不要なアプリがないかを確認します。
※消しても良いか判断が付かない場合は、詳しい人に確認してからにしましょう。

アプリと機能画面

 

④ アプリをクリックして「アンインストール」をクリックします。
再度「アンインストール」をクリックします。

アプリのアンインストール

 

⑤ 「このデバイスに変更を加えることを許可しますか?」の表示が出た場合は、はいをクリックします。

 

⑥ アンインストール処理が始まりますので、消去されたら再起動をして完了です。

 

まとめ

気持ち程度でも動作が軽くなれば幸いです。今回の方法でも軽くならない場合は、リカバリ作業を行ったり、メモリ不足に陥っていないかを確認しましょう。