【Microsoft 365】ドメインを追加する方法【ムームードメインとExchange Onlineを連携する】

Microsoft 365 Exchange Onlineを使うと、「非常に便利」です。

 

そこで今回は、Microsoft 365 Exchange Onlineを使うための、セットアップ方法を解説します。

 

この記事で分かること

・ Microsoft 365のドメイン追加方法
・ Microsoft 365のDNSレコード追加方法

・ ムームードメインとExchange Onlineのレコード認証方法

 

Micorosoft 365 Exchange Onlineを使うメリット

以下のようなメリットがあります。

① メールボックスは、50GB使うことができる
② 添付ファイルは、150MBまで対応
③ スケジュール共有ができる
④ セキュリティの高いメール運用
⑤ 連絡先の同期
⑥ メールルールなどの、細かい制御コントロール

 

また、ユーザー管理もやりやすいので、組織で使う場合にはとても重宝されます。

 

作業前の準備

作業を始める前に、以下のサービスを契約しておきます。

・ Microsoft 365 Business Standardを契約。(Exchange onlineが使えること)
・ ムームードメインで、ドメインを取得しておく。

 

Micorosoft 365にドメインを追加する方法

ここからは、Microsoft 365 にドメインを追加する方法を解説いたします。

 

なお作業にあたっては、【自己責任】でお願いします。

 


① 「https://portal.office.com」へアクセスし、Microsoft365に管理者でログインします。

 

② 「管理」をクリックします。

Microsoft365_管理センター

 

③ 「すべて表示」をクリックします。

Microsoft365_管理センター_すべて表示

 

④ 「設定」→「ドメイン」→「ドメインの追加」をクリックします。

Microsoft365_管理センター_ドメインの追加

 

⑤ 予め取得したドメインを「ドメイン名」に入力します。※例:「contoso.co.jp」。「このドメインを使用する」ボタンをクリックする。

Microsoft365_管理センター_ドメイン名入力

 

⑥ 「ドメインのDNSレコードにTXTレコードを追加する」を選択します。「続行」をクリックします。

Microsoft365_管理センター_ドメインを所有していることを確認

 

⑦ ドメインネームサービス会社を確認します。「TXT値」を後ほど使いますので、コピーアイコンを押して、クリップボードにコピーしておきます。この画面は閉じないようにします。

 

⑧ 「https://muumuu-domain.com/checkout/login」から、ムームードメインにログインします。

 

⑨ 「ドメイン操作」→「ムームーDNS」→対象のドメインの「変更」をクリックします。

Microsoft365_管理センター_ムームーDNSのセットアップ情報変更

 

⑩ 設定2の「種別」をTXTに変更します。「内容」欄に上記でコピーしておいたTXT値を張り付けます。「セットアップ情報変更」をクリックします。

Microsoft365_管理センター_ムームーDNSのドメイン

 

⑪ 登録が完了されます。

Microsoft365_管理センター_ムームーコントロールパネル

 

⑫ しばらくするとレコード連携が完了します。(長いと1時間程度)。Microsoft管理センターで「確認」ボタンをクリックします。。

 

Exchange Onlineを使うためのレコードを連携する

続いて、「MXレコード」「TXTレコード」「CNAMEレコード」と登録します。

 

① 「続行」ボタンをクリックします。

 

② 今回は、Exchange Onlineを使いますので、「✓」が入っている状態で「続行」をクリックします。

Microsoft365_管理センター_レコードの追加

 

③ 表示された「TXT」、「MXレコード」「CNAMEレコード」をコピーアイコンで、コピーします。それぞれ、ムームードメインに張り付けていきます。

Microsoft365_管理センター_MXレコード、TXTレコード、CNAMEレコード

 

④ Microsoft365のドメインセットアップが完了します。

 

Microsoft 365への乗り換えは終わっていますか?

 

買い切り版のOfficeは、2026年にサポートが終了する予定になっています。

Amazonでは公式よりも割安で購入することができますので、おすすめです↓