【解決方法】このショートカットの参照先にアクセスできません

ビックリマーク

ある日、アクセス権が設定されているフォルダーを開いたらエラー画面が表示されてしまいました。

 

今回対処しましたので、説明していきます。

 

症状

NASへアクセスするためのフォルダーを開くと以下の画面が表示されます。

このショートカットの参照先にアクセスできません。必要なアクセス許可がない可能性があります。

「このショートカットの参照先にアクセスできません。必要なアクセス許可がない可能性があります。」

 

引き続き、下記の画面が表示されます。

ネットワーク資格情報の入力

「ネットワーク資格情報の入力」画面

 

ユーザー名・パスワードを入力することで一旦ログインできますが、再起動しても再び症状が起きてしまいます。

 

本記事で使用するOSについて

本記事で使用しているOSは「Windows11 Pro」となります。

 

環境

一部のフォルダにはアクセス権を設定しており、許可しているユーザーしかアクセスできないようにしています。

アクセス権フォルダー構成

 

認証に使用しているユーザーIDとパスワードは「資格情報マネージャー」に登録しています。

 

資格情報マネージャーとは、Windowsの標準ツールで、NASやサーバーなどのネットワーク機器へログインするための情報を記憶させることができます。

 

1.資格情報を削除する

資格情報マネージャーに記憶されているログイン情報を一度削除します。

 

削除後は再登録しますので、予めユーザーID・パスワードを確認しておきましょう。

 


スタートメニューをクリックします。

windows11_スタートボタン

 

② 
1.検索バーに「cont」と入力します。
2.「コントロールパネル」がヒットしますので、クリックします。

Windows11_コントロールパネル

 

「資格情報マネージャー」をクリックします。

Windows11_資格情報マネージャー

 

「Windows資格情報」をクリックします。

Windows11_Windows資格情報

 


1.該当するサーバーをクリックします。
2.「削除」ボタンをクリックします。
※削除しようとしているサーバーのアドレスやユーザーIDは、予め確認しておきましょう。

Windows11_資格情報の削除

 

2.資格情報を登録しなおす

上記で削除した情報を再度登録します。

 


「Windows資格情報の追加」をクリックします。

Windows資格情報の追加

 


1.対象サーバーのネットワークアドレスを入力します。
2.対象フォルダに設定されているユーザーIDとパスワードを入力します。
3.「OK」ボタンをクリックします。

Windows11_資格情報の追加、ユーザー名・パスワード追加

インターネットまたはネットワークのアドレス:NASのホスト名、またはIPアドレスを入力します。
ユーザー名:フォルダに設定されているユーザー名を入力します。
パスワード:フォルダに設定されているパスワードを入力します。

 

対象のフォルダーを開き、アクセスできることを確認します。

 

3.ユーザーID・パスワードが分からない場合

資格情報を登録したくても、ユーザーID・パスワードが分からない場合があります。

 

BuffaloのLinkstationを例に、パスワードの変更方法をご紹介します。

 


ブラウザを起動します。

Windows11_Googleクローム起動
※今回はGoogleクロームを使用します。

 

LinkstationのIPアドレスを入力し、Enterキーを押します。

edge_IPアドレス入力

 

「詳細設定」ボタンをクリックします。

Linkstation_詳細設定

 


1.「パスワード」を入力します。
2.「無制限」を選択します。
3.「OK」ボタンをクリックします。

Linkstation_ログインユーザー名パスワードを入力

 


1.「ファイル共有」をクリックします。
2.「ユーザー」をクリックします。

Linkstation_ユーザー設定

 

該当のユーザー名を確認し、クリックします。

Linkstation_ユーザー一覧

上記のようにどれかのユーザー名が使われています。
設定されているアクセス権の詳細は「共有フォルダー」を確認する必要があります。

 

「編集」ボタンをクリックします。

Linkstation_ユーザー情報

 

⑧ 
1.「パスワード」と「パスワード再入力」欄に新しいパスワードを入力します。
2.「OK」ボタンをクリックします。

Linkstation_ユーザー情報

 

これで対象フォルダーのパスワードが新しくなりましたので、Windowsの資格情報を登録しなおしましょう。

 

おすすめ記事

NASは壊れてしまうと、データの救出が困難な場合があります。

↓の記事では、それを回避するためのNAS構成例をご紹介しています。

関連記事

NASとUPS連動(無停電装置)のおすすめ構成をご紹介!NASとUPS(無停電装置)は、セットで構築することが多いです。 ですが、どの組み合わせを選んでいいか分か[…]

NASおすすめ構成例