【Outlook】フォントの種類・文字サイズ・色などを変更する方法

outlook_フォントの種類・サイズ・色を変更する

メール文を目立たせたり、強調したい時はありませんか?

 

Outlookでは、フォントの種類や文字サイズ、色などを変更してメールを送信することができます。

 

今回は、その変更方法をご紹介します。

 

本記事で使用しているアプリ【M365 Outlook、Outlook2021】

本記事では、「Microsoft365 Outlook」「Outlook2021」を使用してご紹介致します。

 

テキスト形式では変更できない

Outlookでは、文字の装飾が行えない形式が存在します。

 

それが「テキスト形式」と呼ばれるものです。

outlook_テキスト形式だと装飾ができない

 

そのため、装飾したい場合は「HTML形式」や「リッチテキスト形式」に変更する必要があります。

 

規定をHTML形式に変更する方法

ここからは「HTML形式」に変更する方法をご紹介します。

 


「ファイル」タブをクリックします。

outlook_ファイルタブ

 

「オプション」をクリックします。

outlook_オプション

 

③ 
1.「メール」をクリックします。
2.「次の形式でメッセージを作成する」欄のプルダウンをクリックします。
3.「HTML形式」をクリックします。

outlook_メール形式の変更

 

「OK」ボタンをクリックします。

以上で文字装飾できるようになります。

 

試しに「新しいメール」→「書式設定」をクリックすると、装飾できるようになっています。

outlook_文字フォント、サイズ、色など変更できるようになっている

 

規定の文字フォントや色・サイズを変更する方法

既定の「文字フォントを変更する方法」をご紹介します。

 


「ファイル」タブをクリックします。

outlook_ファイルタブ

 

「オプション」をクリックします。

outlook_オプション

 


1.「メール」をクリックします。
2.「ひな形およびフォント」ボタンをクリックします。

outlook_ひな形およびフォント

 

「新しいメッセージ」の「文字書式」ボタンをクリックします。

outlook_新しいメッセージの文字書式

 

「日本語用のフォント」をプルダウンさせ、好きなフォントに変更します。

outlook_フォントの変更

※↑では「Meiryo UI」に変更しました。

 

また、この画面で「スタイル」や「サイズ」「下線」なども変更することができます。

outlook_フォントの変更

※文字サイズを少し大きめで使われる方も多くいらっしゃいます。

 

「OK」ボタンをクリックします。

 

「返信/転送メッセージ」の「文字書式」ボタンをクリックすると、返信・転送時の書式を変更することができます。

outlook_返信/転送メッセージの文字書式

 

⑧ 一通り設定を変更したら、実際に「新しいメール」で文章を入力します。

※変更箇所が適応されていれば完了となります。

 

使う時だけ、HTML形式に変更する方法

これまでにご紹介したのは、デフォルト(規定)の設定を変更する方法でした。

 

ここでは、使う時の1回だけ変更する方法をご紹介します。

 


「新しいメール」をクリックします。

outlook_新しいメール

 


1.「書式設定」をクリックします。
2.「・・・」をクリックします。
3.「メッセージ形式」にカーソルを合わせます。
4.「HTML」をクリックします。

outlook_書式設定→テキスト

 

文字装飾を変更することができます。

outlook_文字装飾を行うことができる

※普段はテキスト形式にしておいて、必要に応じてHTML形式を使いたい方におすすめです。

 

おすすめ記事

HTML形式やリッチテキスト形式では、相手にうまく届かないということも起きます。

詳しくは↓の記事も合わせてお読みください。

関連記事

送信したメールが「迷惑メール扱い」になったり「うまく届かない」ことはありませんか? 一口にメールと言っても「テキスト形式」や「HTML形式」という違いがあり、これらの影響を受けてしまうことがあります。&nb[…]

テキスト形式にして不具合を回避する方法【Outlook】