【Outlook】送信メールに署名を付与する方法

Outlook署名アイコン

Outlookを使う場合、名刺代わりにもなる「署名」を登録しておくと非常に便利です。

 

今回は、基本的な使い方に加えて「返信/転送時にも付与する方法」や「アカウントごとに使い分ける方法」もご紹介致します。

 

署名とは?

一般的に署名とは「自筆のサイン」のことですが、電子メールでは「会社名、氏名、住所などの情報」を指します。

outlook_署名

 

本記事で使用しているアプリ【M365 Outlook、Outlook2021】

本記事では、「Microsoft365 Outlook」「Outlook2021」を使用してご紹介致します。

 

「新しいメッセージ」作成時に署名を付与する方法

署名を登録する方法をご紹介致します

 


「ファイル」タブをクリックします。

outlook_ファイルタブ

 

「オプション」ボタンをクリックします。

outlook_オプション

 

「メール」をクリックし、「署名」ボタンをクリックします。

outlook_オプション署名

 

「新規作成」ボタンをクリックします。

outlook_署名とひな形

 

任意の名前を入力し「OK」ボタンをクリックします。

outlook_新しい署名

 

追加された署名を選択します。

 

下段に好みの署名を入力します。

outlook_署名を入力する

ビジネスで使う場合は「一押しの商品」や「会社情報」などを載せるとちょっとしたアピールになります。

 


1.「新しいメッセージ」欄のプルダウンをクリックし、作成したひな形名を選択します。
2.「OK」ボタンをクリックします。

outlook_既定の署名の選択

 

試しに「新しいメッセージ」を作成すると署名が表示されていることが確認できます。

 

「返信/転送」時に署名を表示させる方法

上記で作成した署名を「返信/転送」時にも付与する方法をご紹介します。

 


「ファイル」タブをクリックします。

outlook_ファイルタブ

 

「オプション」ボタンをクリックします。

outlook_オプション

 

「メール」をクリックし、「署名」ボタンをクリックします。

outlook_オプション署名

 


1.「返信/転送」欄のプルダウンをクリックします。
2.作成したひな形を選択します。
3.「OK」ボタンをクリックします。

outlook_既定の署名の選択/返信転送

これで返信/転送時には、自動的に署名が付与されます。

 

アカウントごとに署名を使い分ける方法

複数のメールアカウントを使っている場合には、署名を使い分けることができます。

 


「ファイル」タブをクリックします。

outlook_ファイルタブ

 

「オプション」ボタンをクリックします。

outlook_オプション

 

「メール」をクリックし、「署名」ボタンをクリックします。

outlook_オプション署名

 

④ 
1.「電子メールアカウント」欄から設定したいアカウントを選択します。
2.「新しいメッセージ」および「返信/転送」をそれぞれ設定します。
3.「OK」ボタンをクリックします。

outlook_既定の署名の選択/アカウントごとに設定

 

「新しいメール」をクリックします。

outlook_新しいメール

 


1.「差出人」欄を対象のメールアカウントに変更します。
2.設定した署名が表示されることを確認します。

outlook_署名が表示されているかを確認する

 

署名を削除する方法

作成済の署名を削除する方法をご紹介します。

 


「ファイル」タブをクリックします。

outlook_ファイルタブ

 

「オプション」ボタンをクリックします。

outlook_オプション

 

「メール」をクリックし、「署名」ボタンをクリックします。

outlook_オプション署名

 

削除したい署名を選択し、「削除」ボタンをクリックします。

outlook_署名の削除

 

「はい」ボタンをクリックします。

outlook_指定した署名を削除しますか?

 

おすすめ記事

Outlookでは「検索フォルダー」に予め条件を設定しておくと、目的の文字列や差出人などを自動で検索してくれる機能があります。

詳しくは↓の記事をご覧ください。

関連記事

Outlookでは、目的の条件でメールを検索し、結果をフォルダごとに表示させることができます。 これを「検索フォルダー」と呼びますが、この機能の使い方についてまとめます。  (ad[…]

【Outlook】検索フォルダーを使って上手にメールを整理する方法