【Windows11】Copilotで要約機能を使いこなそう!【初心者でも簡単に無料で使える】

windows11_copilot_copilotの要約を使いこなす

Copilotは、「要約」機能も充実しています。

 

現代では、「WEBサイトの記事」「Youtube」など、さまざまな情報で溢れています。理解しにくい記事も多く、読む気がなくなってしまうことも多いです。

 

そこで、Copilotの要約機能を使うと便利です。この記事では、以下の内容が分かります。

 

・ WEBサイトの記事を要約する方法
・ PDF、Youtubeを要約する方法
・ 要約の便利な機能

 

関連記事:Windows11 Copilotで画像を生成する方法

関連記事:Windows11 Copilotの基本的な使い方

 

記事を要約する方法

開いているサイトを要約する場合は、Windows Copilotと連携する設定をしておきます。

 


Edgeを開いて、「この記事を要約して」と入力しても、できない場合↓は、設定をする必要があります。

windows11_copilot_要約_edgeと連携設定

 


① Copilot右上の「・・・」をクリックします。「設定」をクリックします。

windows11_copilot_要約_・・・→設定

 

② 「CopilotがコンテキストのヒントをMicrosoft Edgeから読み取ることを許可する」をオンにします。

windows11_copilot_要約_CopilotがコンテキストのヒントをMicrosoft Edgeから読み取ることを許可する

 

③ 改めて「この記事を要約してください」と質問してみると、要約結果の回答があります。

 

④  要約された文章には、リンクが付与されます。より詳しく記事の内容を確認したい場合は、そのリンクをクリックすると、WEBサイト本文の該当箇所がハイライトにされ、見やすくなります。

windows11_copilot_要約_リンクをクリックするとハイライトされる

 

ちなみに、Google Chromeで開いたWEBサイトの連携はできません。Copilotは、Edgeとしか連携できないので、注意が必要です。

 

⑤ ちなみに生成された文章は、コピーアイコンをクリックすると、文章をコピーすることができます。WordやExcel、メール文などに張り付けることもできます。

windows11_copilot_要約_コピー

 

⑥ 「共有」アイコンをクリックすると、SNSなど他のメディアに連携することもできます。

windows11_copilot_共有SNS

 

 

PDFファイルの内容を要約する方法

Copilotでは、PDFファイルの内容を要約することができます。

 


① Microsoft Edgeを起動します。

windows11_copilot_Edgeを起動する

 

② もし見つからない場合は、スタートメニュー→検索欄に「edge」と入力するとヒットしますので、そこから起動します。

 

③ PDFファイルを、Edgeにドラック&ドロップします。

 

④ その状態で、Copilotの入力欄に「要約してください」と質問します。すると要約結果か返ってきます。

 

⑤ 返答のあった文章は、リンクになっていますので、クリックすると該当の部分がハイライトされます。

 

PDFファイルは、Adobe Readerというアプリケーションがよく使われますが、それでPDFを開いて、質問しても、有効な返答を得ることはできませんので、注意が必要です。

 

 

Youtubeの内容を要約する方法

Youtubeの内容を、わかりやすく要約することができます。

 

① Microsoft Edgeを起動して、要約したいYoutubeページを開きます。

 

② Copilotの入力欄に、「このYoutubeの内容を要約して」と指示します。

 

③ するとビデオの内容を説明してくれます。今回は、天気予報のチャンネルだったので、各地の天気を分かりやすく記載してくれました↓

 

④ それぞれの題名は、リンクになっています。クリックすると、Youtubeのその時間に飛ぶようになっていますので、くわしく視聴したいところを素早く確認することができます。

 

Microsoft EdgeのCopilotを使う方法

Micorosoft EdgeにもCopilotが搭載されています。そちらでも要約してみます。

 


① Microsoft Edgeを起動します。

windows11_copilot_Edgeを起動する

 

② すると「Edge」のブラウザ上のCopilotが起動します。※Windows11のCopilotとは、別物になりますので注意が必要です。

 

③ Edgeで開いたページで、「要約してください」と指示をだすと、回答してくれます。

Microsoft 365への乗り換えは終わっていますか?

 

買い切り版のOfficeは、2026年にサポートが終了する予定になっています。

Amazonでは公式よりも割安で購入することができますので、おすすめです↓