ELECOM WRC-X1800GSをレビュー【無線ルーター】

この記事について

今回は、ELECOMのWi-Fi6対応の無線ルーター【WRC-X1800GS】を実際にさわることができましたので、レビューしたいと思います。

 

  • 商品のスペック
  • 購入時に気を付けるポイント
  • 各機能の詳細

 

今回レビューする商品

 

商品の位置付け

緑色のパッケージが印象的なELECOMの無線LANルーター(WRC-X1800GS)です。

WRC-X1800GS外箱

 

推奨する環境は、戸館であれば「2階建て」、マンションであれば「3LDK」となっています。接続台数は26台で、Wi-Fi6対応の商品です。

 

あまり大人数ではないご家庭向け」と言ったスペックです。

 

価格がリーズナブルにもかかわらずWi-Fi6対応なので、今後無線ルーターを買いなおすには最適です。

 

性能、スペック

項目説明
無線LAN規格IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
IEEE802.11ac
IEEE802.11n
IEEE802.11g
IEEE802.11b
IEEE802.11a
転送速度5GHz帯:最大1201Mbps
2.4GHz帯:最大574Mbps
アンテナ内蔵タイプ(送信2本×受信2本)

 

外装

WRC-X1800GS外観

サイズはコンパクトで、幅36mm×奥行132mm×高さ164mmです。
また重さは300gとなっています。

 

バッファローのWSR-5400AX6Sが、650gなのでおよそ半分くらいの重さですね。

 

背面の構成は写真の通りです。

WRC-X1800GS背面

項目説明
WANポートモデムやONUと接続するためのWANポートです。
LANポートLANポートが2つしかありませんので、有線ケーブルを多く使っている方は注意が必要です。
リセットスイッチ初期化する際に使用します。
WPSスイッチWPS(簡単接続)スイッチです。
動作モード切替スイッチルーターかAPかを切り替えます。
モードは2つしかありませんので、シンプルな作りです。

 

付属品

付属品は下のとおりです。

WRC-X1800GS付属品

付属品名補足
かんたんセットアップガイド簡単な冊子です。
詳しいマニュアルはウェブで確認する必要があります。
製品情報
本体
電源アダプタ
スタンド壁掛け用にも使えます。
LANケーブル/壁掛け用ビスLANケーブルは、0.5mと短いので注意が必要です。
本体の壁掛け用のビスは付属しています。

 

セキュリティーWi-Fi機能

Wi-Fiは、「セキュリティーWi-Fi」と「ホームWi-Fi」の2つ存在します。

 

これらはWi-Fiに接続するときに、2つのSSIDが表示されます。
※「s」があるものとないもの。

SSID WRC-X1800GS

「elecom-s-****」の方は、「セキュリティーWi-Fi」のSSIDです。

「elecom-****」の方は、「ホームWi-Fi」のSSIDです

 

では、この2つは具体的になにが違うのでしょうか?

 

簡単に言うと、「セキュリティーが高い版」と「通常版」との違いです。

 

2つの違い
について
項目説明
セキュリティーWi-Fi他の端末と通信ができないため、高いセキュリティを維持しながらインターネットをすることが可能です。プリンターとの通信も制限されます。
ホームWi-Fi他の端末との通信も可能です。

 

セキュリティーWi-Fiは、他の端末へのウィルス感染を防ぐことができるので、自宅で仕事をする場合などに利用することができます。

 

バンドステアリング

バンドステアリングは、初期設定で有効になっています。

WRC-X1800GSバンドステアリング

 

バンドステアリングは、環境に応じて2.4GHzか5GHzかを自動で選択してくれる機能です。

 

通常はONにしていて問題ありません。

 

暗号化方式

暗号化方式は、最新のWPA3に対応しています。

 

ですが初期値は、WPA2 AESとなっていますので、変更したい場合は手動で変える必要があります。

WRC-X1800GSバンドステアリング

 

友達Wi-Fi

ルーターモードであれば、「友達Wi-Fi」という機能を使うことができます。

 

友達Wi-Fiとは、予め来客用のSSIDを作成しておくことで、安全にインターネットをすることができます。いわゆるゲスト用のSSIDですね。

 

他の端末へのウィルス感染やセキュリティを上げることができます。

 

ビームフォーミングZ

ビームフォーミングZ対応機種ですが、機能をOFF/ONする画面はありませんでした。おそらく標準でONになっていると思います。

 

ビームフォーミングZは、離れている端末にも電波を届きやすくする機能です。

 

使ってみた感想

3LDKのマンションで使用してみましたが、ドアを閉めた状態でも接続は安定していました。
※建物の造りなどによって変わりますので注意。

 

また、設定画面はシンプルなので初心者の方でも問題なさそうです。

 

ご紹介した商品