【Windows11】MicrosoftIME 日本語入力できない場合の対処方法

Microsoft IME

何気なく使っているIMEですが、ある時に「日本語入力ができなく」なりました。

 

今回は、その対処方法をご紹介したいと思います。

 

症状

日本語を入力しようとしても「英字の状態」から切り替えられません。

 

↓「A」から「あ」の状態に変更できない。

Microsoft IME_英字状態から切り替えられない

 

たとえばWEBブラウザの検索ワード欄や、Excel・Wordなどに日本語を入力するタイミングで気づくことが多いようです。

 

パソコンを再起動すると復旧しますが、しばらく使っていると再発してしまいます。

 

日本語入力モードに切り替える方法

まず最初に、日本語入力モードへの切り替え方法をご紹介します。

 

切り替え方法 ①

「A」をクリックすることで「あ」に切り替えることが可能です。

Microsoft IME_日本語入力への切り替え方法

 

切り替え方法 ②

「半角/全角」キーを押すことで、切り替えることが可能です。

Microsoft IME_全角/半角を押す

 

切り替え方法 ③

画面右下の「A」を右クリックし、「あ ひらがな」をクリックします。

Microsoft IME_マウスを使って日本語入力に切り替える

 

これらの操作で切り替わらない場合は、引き続き対処方法をご覧ください。

 

以前のバージョンのIMEに変更する

以前のバージョンのIMEにすることで、不具合を解消できる可能性があります。

 



1.画面右下のIMEを右クリックします。
2.「設定」をクリックします。

Microsoft IME_右クリック→設定

 

「全般」をクリックします。

Microsoft IME_設定→全般

 

  「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」を「オフ」から「オン」に切り替えます。

Microsoft IME_以前のバージョンのIMEを使う

 

「IMEバージョンの変更」の画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

Microsoft IME_IMEバージョンの変更

 

症状が改善するかを確認します。

 

もし改善しなかった場合は、変更前の状態に戻しておくことをおすすめします。

 

IMEを規定にする

IMEを規定に設定することで、不具合を解消できる可能性があります。

 



1.画面右したのIMEを右クリックします。
2.「設定」をクリックします。

Microsoft IME_右クリック→設定

 


1.「時刻と言語」をクリックします。
2.「入力」をクリックします。

Microsoft IME_時刻と言語→入力

 

「キーボードの詳細設定」をクリックします。

Microsoft IME_キーボードの詳細設定

 


1.「言語リストを使用します(推奨)」をクリックします。
2.プルダウンから「日本語-Microsoft IME」を選択します。

Microsoft IME_既定の設定

 

症状が改善するかを確認します。

 

もし改善しなかった場合は、変更前の状態に戻しておくことをおすすめします。

 

ctfmonサービスを再起動する

Windowsの裏側で動作している「ctfmon」というサービスを再起動します。

 

それにより、症状が復旧するかを確認します。

 


① 
1.「スタートボタン」を右クリックします。
2.「タスクマネージャー」をクリックします。

Microsoft IME_タスクマネージャー

 


1.「詳細」タブをクリックします。
2.「名前」タブをクリックします。
3.「ctfmon.exe」を見つけます。

Microsoft IME_タスクマネージャー→詳細

↑「名前」タブをクリックすることで、ソートされるので見つけやすくなります。

 

「ctfmon.exe」を右クリックし、「タスクの終了」をクリックします。

Microsoft IME_ctfmon.exeタスクの終了

 

「プロセスの終了」ボタンをクリックします。

Microsoft IME_ctfmon.exeプロセスの終了

↑「ctfmon.exe」を終了しても、即座に起動します。

 

症状が改善するかを確認します。

 

「ctfmon.exe」をスタートアップに登録する

上記で再起動した「ctfmon.exe」をスタートアップ登録することで、再発を予防できる場合があります。

 


タスクバーの「検索」をクリックします。

Microsoft IME_タスクバーの「検索」をクリック

 


1.検索ワードに「ctfmon」と入力します。
2.「最も一致する検索結果」に表示された「ctfmon」を右クリックします。
3.「ファイルの場所を開く」をクリックします。

Microsoft IME_スタートアップ登録

 


1.「ctfmon.exe」を見つけ、右クリックします。
2.「その他のオプションを表示」をクリックします。

Microsoft IME_その他のオプションを表示

 

「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

Microsoft IME_「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)

 

デスクトップに、ショートカットアイコンが作成されたことを確認します。

 

「スタートメニュー」を右クリックします。

Microsoft IME_スタートメニュー右クリック

 

「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

Microsoft IME_ファイル名を指定して実行

 

⑧ 
1.「名前」欄に「shell:startup」と入力します。
2.「OK」ボタンをクリックします。

Microsoft IME_shell:startup

 

スタートアップフォルダが開きますので、その中に先ほどの「ctfmon.exe」を移動します。

 

パソコンを再起動して、動作に問題がないかを確認します。

 

Google日本語入力を使う

日本語入力ソフトにはMicrosoft IME以外にも「Google日本語入力」があります。

 

これを使う方法をご紹介します。

 



1.「https://www.google.co.jp/ime/」にアクセスします。
2.「Windows版をダウンロード」をクリックします。

Microsoft IME_google日本語入力ソフト

 

「同意してインストール」をクリックします。

Microsoft IME_同意してインストール

 

ダウンロードされたファイルを実行します。

Microsoft IME_インストール

 


1.以下の画面が表示されるので、必要に応じてチェックをします。
2.「OK」ボタンをクリックします。

MicrosoftIME_Google日本語入力の設定

↑しばらくは「既定のIME」に設定して、様子を見ても良いと思います。

 

「閉じる」をクリックします。

MicrosoftIME_インストールが終了しました。

 

画面右下をクリックすると、IMEの切り替えを行うことができます。

MicrosoftIME_Google日本語入力ソフト追加

↑「Microsoft IME」と「Google 日本語入力」を選ぶことができます。