【Windows11】Microsoftとローカルアカウントの切り替え方法

windows11_アカウント

Windows11でも、Microsoftアカウントを使うことが主流になりつつありますが、ローカルアカウントも使うことができます。

 

この記事では、これらの違いを解説するとともに、設定手順をまとめています。

 

本記事で使用するOSについて

本記事でご紹介しているOSは「Windows11」となります。

 

Microsoftアカウントとローカルアカウントの違い

パソコンをセットアップする際にどちらにするか悩むことがあります。

時代的な流れは、Microsoftアカウント使う傾向になっていますが、両者はどのような違いがあるのでしょうか?

 

1.大きな違い

Microsoftアカウント : Microsoft社のサーバー内に存在するアカウント
ローカルアカウント : 使っているパソコンの中に存在するアカウント

 

そのため次のような特徴の違いがでてきます。

 

2.特徴の違い

<Microsoftアカウント>

どのパソコン、どの場所からでもID・パスワードが分かっていればログインすることができる。
(※実際にはPINなどでセキュリティを上げる)

 

<ローカルアカウント>

そのパソコン内しか設定情報が存在しない。

 

それにより次のようなメリットがあります。

 

3.メリットの違い

<Microsoftアカウント>

複数台パソコンを持っていた場合、テーマやアプリケーション、プリンター設定などを同期できるため、個別に設定する必要がない。

パソコンを入れ替えするときは、設定の移行が楽

 

<ローカルアカウント>

情報漏洩のリスクが低くなる。

 

4.付加価値の違い

またMicrosoftアカウントには、下記の付加価値もあります。

・ OneDrive(クラウド)を5GB使うことができる。

・Microsoft Storeを利用することができる。

 

どちらの方が適しているかを選んで設定しましょう。

 

ローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える方法

ここからは実際の切り替え手順をご案内します。

 

① 「スタートボタン」をクリックします。

windows11_スタートボタン

 

② 「設定」をクリックします。

windows11_設定

 

③ 現在ローカルアカウントになっていることを確認します。

 

④ 「アカウント」をクリックし、「ユーザーの情報」をクリックします。

windows11_ユーザーの情報

 

⑤ アカウント設定欄の「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。

 

⑥ Microsoftサインインの画面が表示されるので、ログインIDを入力します。
※アカウントを持っていない場合は「作成」から作ることができます。

Microsoftサインイン

 

⑦ パスワードを入力します。

windows11_microsoftアカウントパスワード

 

⑧ 「次へ」をクリックします。

 

⑨ PINコードを入力して完了です。

 

Microsoftアカウントからローカルアカウントへ切り替える方法

ローカルアカウントへ切り替える手順です。

 

① 「スタートボタン」をクリックします。

windows11_スタートボタン

 

② 「設定」をクリックします。

windows11_設定

 

③ 左上がMicrosoftアカウントのメールアドレスが表示されていることを確認します。

windows11_アカウントの確認

 

④ 「アカウント」をクリックし、「ユーザー情報」をクリックします。

windows11_ユーザーの情報

 

⑤ アカウント設定欄の「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。

windows11_ローカルアカウントでのサインインに切り替える

 

⑥ 「次へ」をクリックします。

windows11_ローカルアカウントに切り替えますか?

 

⑦ PINコードの入力を行います。

windows11_windowsセキュリティご本人確認

 

⑧ 「新しいパスワード」と「パスワードの確認入力」「パスワードのヒント」欄にそれぞれ入力し、「次へ」をクリックします。

windows11_ローカルアカウントの情報

 

⑨ 「サインアウトと完了」をクリックします。

windows11_サインアウトと完了

 

⑩ 「設定」を開き、「ローカルアカウント」になったことを確認します。

windows11_ローカルアカウント確認

 

まとめ

Microsoftとローカルアカウントの違い説明
大きい違いMicrosoft:Microsoft社のサーバー内に存在するアカウント
ローカル:使っているパソコンの中にしか存在しないアカウント
特徴の違いMicrosoft:どのパソコン、どの場所からでもID・パスワードが分かっていればログインすることができる。

ローカル:そのパソコン内しか設定情報が存在しない。

メリットの違いMicrosoft:PC間で設定の同期ができる。
ローカル:情報漏洩のリスクが低い。
付加価値の違いMicrosoft:OneDrive(クラウド)を5GB使うことができる。Microsoft Storeを利用することができる。

 

おすすめ書籍

Windows11について基本機能が網羅されています。