【Windows11】スクリーンショットのやり方・便利技

windows11_スクリーンショットの仕方

スクリーンショットとは「画面を撮影する」機能のことで、多くの場で活用できます。

 

例えば↓の場面などで使われます。

・ エラーメッセージの画面を撮り、共有したいとき。
・ 表示されている内容を共有したいとき。
・ SNSやブログ、動画の作成をするとき。
・ マニュアル、説明書などを作成するとき。

 

スクリーンショットを使いこなすことができれば、作業効率を各段に上げることができますよ。

 

今回は、「基本操作」や「ツールの使い方」をご紹介致します。

 

スクリーンショットの基本操作

まずは、基本操作となるスクリーンショットの仕方をご紹介します。

 


スクリーンショットしたい画面を表示します。

スクリーンショット画面

 

「Print Screen」キーを押します。
※ノートパソコンなどでは「prt sc」のように省略されて記載されています。

windows11_スクリーンショット操作キー

またノートパソコンでは、「Fn」キーを押しながら「prt sc」キーを押します。

 


1.ペイントを起動します。
2.右クリックし、「貼り付け」をクリックします。

windows11_ペイント右クリック貼り付け

↑「Crrl」+「V」の操作で貼り付けることもできます。

 

画像を貼り付けることができます。

windows11_ペイントへ貼り付け

↑今回はペイントを例にしていますが、必要に応じて他のアプリに張り付けて下さい。

 

アクティブウィンドウをスクリーンショットする方法

「Print Screen」キーを押すだけだと、全画面を撮影してしまいますが「選択したウィンドウのみ」を撮影することもできます。

 

 

 


スクリーンショットしたいウィンドウ(今回はフォルダ)をクリックします。

windows11_スクリーンショットしたいウィンドウをクリックします

↑この操作でアクティブ化されます。

 

「Alt」キーを押しながら、「print screen」キーを押します。
※ノートパソコンの場合は、「Fn」+「Alt」+「prt sc」を押します。

windows11_Printscreen

 


1.ペイントを起動します。
2.右クリックし、「貼り付け」をクリックします。

windows11_ペイント右クリック貼り付け

↑「Crrl」+「V」の操作で貼り付けることもできます。

 

アクティブウィンドウを貼り付けることができます。

windows11_アクティブウィンドウをスクリーンショットする

 

Snipping Toolで好きな場所を切り取る

Snipping Toolを使えば、画面上の好きな場所をスクリーンショットすることができます。

 


スクリーンショットしたい画面を表示し、↓のキーを押します。

windows11_ウィンドウマーク+Shift+S

 

すると↓のように薄暗い画面になります。

windows11_snippingtool

 

切り取り形式を選択します。

windows11_snippingtool

A.四角形の領域切り取り:四角形に切り取ります。
B.フリーフォーム領域切り取り:自由な形に切り取ります。
C.ウィンドウ領域切り取り:アクティブウィンドウを切り取ります。
D.全画面表示の領域切り取り:全画面を切り取ります。

 

スクリーンショットしたい場所を指定します。

windows11_スクリーンショットしたい場所を指定_snippingtool

↑好きな場所で、マウスをクリックしながら動かすと指定できます。

 


1.ペイントを起動します。
2.右クリックし、「貼り付け」をクリックします。

windows11_ペイント右クリック貼り付け

↑「Crrl」+「V」の操作で貼り付けることもできます。

 

切り取った部分が貼り付けされました。

windows11_ペイントに張り付け

 

スクリーンショットをOneDriveへアップロードする

もしOneDriveを使っているのであれば「スクリーンショットをクラウドに保存しておく」ことができます。

 

「スクリーンショットだけ先に撮っておき、時間があるときに整理できるメリット」があります。編集時間がない時に便利ですよね。

 

ちなみにOneDriveとは、Microsoft社が提供するクラウドスペースのことです。

 

他にはGoogleドライブやDropboxなどもありますが、OneDriveは製造系・IT系業界では最もシェアが高く「11%」がビジネスの場で使われています。

 

では、設定方法をご紹介します。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 


1.検索ワード欄に「onedrive」と入力します。
2.「OneDrive」がヒットするので、クリックします。

Windows11_OneDrive検索

 

画面右下に「OneDrive」のアイコン(雲のマーク)が表示されますので、右クリックします。

Windows11_OneDriveクラウドアイコン

 

歯車マークをクリックします。

Windows11_OneDrive歯車マーク

 

「設定」をクリックします。

Windows11_OneDrive設定マーク

 

⑥ 
1.「バックアップ」タブをクリックします。
2.「作成したスクリーンショットをOneDriveに自動的に保存する」にチェックを入れます。
3.「OK」ボタンをクリックします。

作成したスクリーンショットをOneDriveに自動的に保存する

 

試しにスクリーンショットを撮り、クラウドへ同期されていることを確認します。

Windows11_OneDriveへアップロード

↑雲のマークをクリックすると、確認することができます。

 

おすすめ記事

Windows11には、目への刺激を減らすために「夜間モード」という機能があります。

長時間パソコンを使われる方は、設定しておくのがおすすめです。

関連記事

パソコン作業で、このようなお困りごとは有りませんか?・ パソコンの画面がまぶしく感じる。・ 目がすぐに疲れてしまう。・ 寝る前にパソコン作業をしていて、寝つきが悪い。 この場合は、もしかすると「ブル[…]

夜間モードで目を疲れにくくする方法【Windows11】

Microsoft 365への乗り換えは終わっていますか?

 

買い切り版のOfficeは、2026年にサポートが終了する予定になっています。

最新機能を使えるMicrosoft 365へ切り替えをしていきましょう。