【Windows11】タスクビュー機能で効率的に作業を行う

現代では、さまざまな作業を「切り替えて」こなしていくスタイルが増えてきました。

 

例えば・・・

「案件A」と「案件B」を整理しながら処理をしていく。
または「仕事」と「プライベート」を切り替えながら進めていくといった具合です。

 

そこで今回は、このようなメリハリをつけるためにピッタリな「タスクビュー」という機能をご紹介します。

 

本記事で使用するOSについて

本記事でご紹介しているOSは「Windows11」となります。

 

タスクビュー機能とは?

簡単に言うと、「デスクトップ環境を複数用意しておくことで、好きな時に切り替えができる」機能になります。

 

たとえば下の例だと、「仕事用」と「プライベート用」という2つの環境が作成されています。それぞれには関係するアプリケーションやフォルダが開かれていて、好きな時に「切り替え」をすることができます。

タスクビューイメージwindows11

こうすることで必要に応じて、適切な環境に変更することができます。

 

タスクビュー設定方法

では、タスクビューの設定方法をご紹介します。

 

1.環境を増やす方法

① 「タスクビューアイコン」が存在していることを確認します。

タスクビューアイコン

 

もしアイコンが表示されていない場合は・・・

「タスクバーを右クリック」→「タスクバーの設定」をクリックします。

タスクバー右クリック windows11

 

「タスクビュー」をオフからオンに変更します。
この操作により、タスクバーにアイコンが表示されます。

タスクビュー有効にする画面windows11

 

② 「タスクビューアイコン」をクリックします。

タスクビューアイコン

 

③ 「新しいデスクトップ」をクリックします。

タスクビュー 追加方法windows11

 

④ 「デスクトップ 2」が作成されます。

 

⑤ 「デスクトップ 1」と「デスクトップ 2」の文字をクリックすると、文字編集ができるので、「仕事用」と「プライベート用」に修正します。※任意の文字に変更してください。

タスクビュー名前を変更windows11

 

⑥ あとは、それぞれをクリックすると固有の環境が開きますので、好きなアプリケーションやフォルダを開けば完了です。非常に簡単にできあがります。

 

2.環境を削除する方法

① 消したい環境の「×」をクリックすることで、消去されます。

タスクビュー消去方法windows11

 

3.デスクトップ背景を変更する方法

好きな背景に変えておくことで、判別しやすくします。

 

① 「タスクビュー」をクリックします。

タスクビューアイコン

 

② 背景を変更したい方を右クリック→「背景の選択」をクリックします。

タスクビュー 背景変更方法windows11

 

③ 「背景」設定画面が表示されますので、好きな背景を選択します。
※もちろん好きな画像を取り込むことも可能です。

タスクビュー背景変更方法windows11

 

タスクビュー機能の注意点

タスクビュー機能の注意点です。

 

1.デスクトップアイコン

デスクトップに配置されているフォルダやファイルは、個別環境にはなりません。
つまり片方にフォルダを作成すると、もう片方にも同じフォルダが作成されます

 

「開いたファイルやアプリケーションなど」は個別環境となります。

 

2.再起動・シャットダウン

再起動やシャットダウンをしても、設定しておいたビューは消去されません。
今回の例で言うと「仕事用」と「プライベート用」の枠組みは消去されません。

 

ですが、開いておいたアプリケーションは閉じてしまいますので、予め保存が必要です。

 

おすすめ記事

現代では、およそ5割の人が毎日インターネットニュースを閲覧しているそうです。

 

スマートフォンで見る人が圧倒的に増えていますが、始業前などにパソコンで閲覧している方も多いと思います。

 

そこでWindows11には「ご自身にあったニュースジャンル」を表示してくれるウィジェット機能があります。

 

ワンタッチでニュースを表示できますので、すごく便利ですよ。

関連記事

Windows10ではタイルにニュースなどが表示されていましたが、Windows11では「ウィジェット機能」で閲覧することができます。 ウィジェットとは、「好きなジャンルの最新情報」を「好きな配置で閲覧できる」[…]

ウィジェット機能で最新情報を収集しよう【Windows11】