【Outlook】スレッドビューで件名ごとに表示させよう

outlook

みなさんは過去のメール経緯を振り返りたいときは、どのように確認されていますか?

 

今回は、Microsoft365(Outlook)のスレッドビューと言う機能をご紹介します。

 

スレッドビューとは?

Outlookでは「同じ件名で何度かやり取りしているメール」をスレッド形式で表示させることができます。

 

例えば通常の表示は↓のようにメールは1件ずつ表示されます。

outlook_通常のメール

 

ところがスレッドビュー表示にすると「過去にあった同じ件名」をまとめて表示してくれます。

outlook_スレッドビュー表示

 

本記事で使用しているアプリ【M365 Outlook、Outlook2021】

本記事では、「Microsoft365」「Outlook2021」の使用を前提としております。

 

スレッドビューのメリット

一連のやり取りを追えるので「見返しやすく」なります。

 

日頃から「件名を引用して」返信・転送することで、後々見返しやすくなります。

 

スレッドビューのデメリット

一連のメールのやり取りの中で「件名が途中で変わってしまう」とスレッドに含まれません。

 

後で見返すときは抜けがないかを気にしつつ、スレッドビューを適宜ON/OFFするのが良いでしょう。

 

スレッドビュー表示にする手順

それではスレッドビュー表示にする方法をご紹介します。

 


① 並び順が「日付」になっていることを確認します。
※「日付」になっていないとスレッドビューにすることができません。

outlook_スレッドビュー_日付にする

 

日付順に変更する方法

もし「日付」になっていない場合は、対象箇所をクリックし、「日付」をクリックします。

outlook_日付順に変更する

 

② 「表示」タブ→「現在のビュー」→「スレッドとして表示」をクリックします。

outlook_スレッドとして表示

 

③ 「このフォルダー」か「すべてのメールボックス」かを選択します。

outlook_メッセージをスレッド別にして表示

 

④ 「▷」をクリックします。

outlook_スレッド表示

 

すると↓のように過去のやり取りを表示させることができます。

スレッドビュー

 

スレッドビューに関する詳細設定を変更する

スレッドビューに関する詳細設定をいくつかご紹介します。

 

1.他のフォルダーのメッセージを表示する

一連のやり取りを正確に把握するには「他のフォルダー(例えば送信済みアイテム等)に保管されているメッセージ」も一緒に表示させた方が良い場合があります。

 

デフォルトではオンになっていますが、変更手順をご紹介しておきます。

 


① 「表示」タブ→「現在のビュー」→「スレッドの設定」→「他のフォルダーのメッセージを表示」をクリックします。

outlook_他のフォルダーのメッセージを表示

 

2.選択されたメールは常に展開させる

スレッドのやり取りメールを確認するには「▷」をクリックしないと展開されません。

 

毎回クリックするのは面倒なので、常に展開しておく方法をご紹介します。

 


① 「表示」タブ→「現在のビュー」→「スレッドの設定」→「選択された会話を常に展開」をクリックします。

outlook_選択された会話を常に展開

 

② これでスレッドが常に展開された状態になります。

 

まとめ

項目説明
スレッドビューとは?「同じ件名で何度かやり取りしているメール」をスレッド形式で表示させる機能
メリットは?経緯を振り返りやすくする
デメリットは?途中で件名が変わってしまったメールはスレッドに含まれない。
スレッドビュー表示方法「表示」タブ→「現在のビュー」→「スレッドとして表示」をクリック。
他のフォルダーのメッセージを表示する「表示」タブ→「現在のビュー」→「スレッドの設定」→「他のフォルダーのメッセージを表示」をクリック。
選択された会話を常に展開する「表示」タブ→「現在のビュー」→「スレッドの設定」→「選択された会話を常に展開」をクリック。

 

おすすめ記事

Outlookで迷惑メールをうまく振り分ける方法はご存じですか?

 

↓の記事にまとめていますので、ご覧ください。

関連記事

毎日のように来るスパムメールは、みなさんどのように対処していますでしょうか? アンチウィルスソフトで仕分けすることができますが、Outlookの機能でも対処することができます。 そこで今回は、[…]

outlookで迷惑メールを振り分ける方法