【Windows11】カメラが使えない場合の対処方法

Windows11_カメラ

リモート会議・飲み会などで、WEBカメラが身近になりましたね。

 

その分、正常に使えないというトラブルが増えていることと思います。

 

今回は、「カメラが使えない場合の対処方法」をご紹介していきます。

 

カメラの動作確認を行う

まず最初に、カメラが正常に使えるかを確認する手順をご紹介します。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

「設定」ボタンをクリックします。

Windows11_スタートメニュー→設定

 

「カメラ」をクリックします。

Windows11_bluetoothとデバイス→カメラ

 

「接続済カメラ」をクリックします。

Windows11_接続済カメラ

 

正常に映るかを確認します。

Windows11_正常にうつるかを確認

 

映らない場合は、引き続き対処方法をご確認下さい。

 

カメラが使えない場合の対処方法

ここからは具体的に、カメラを使用できない場合の対処方法をご紹介していきます。

 

トラブルシューティングツールを使う

トラブルシューティングツールを利用する方法をご紹介します。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

「設定」ボタンをクリックします。

Windows11_スタートメニュー→設定

 

「トラブルシューティング」をクリックします。

Windows11_トラブルシューティングツール

 

「その他のトラブルシューティングツール」をクリックします。

Windows11_その他のトラブルシューティングツール

 

「カメラ」欄の「実行する」ボタンをクリックします。

Windows11_その他のトラブルシューティングツール→カメラ

 

ツールが開きますので、「はい」をクリックします。

Windows11_カメラのトラブルシューティングツール

↑ウィザードにしたがって、進めていき、改善するかを確認して下さい。

 

カメラのアクセスを許可する

カメラへのアクセスが許可されているかを確認していきます。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

「設定」ボタンをクリックします。

Windows11_スタートメニュー→設定

 

「カメラ」をクリックします。

Windows11_設定→カメラ

 

「カメラのプライバシー設定」をクリックします。

Windows11_カメラのプライバシー設定

 

「カメラのアクセス」をクリックし、「オン」に切り替えます。

Windows11_カメラへのアクセス

 

<アプリケーションごとに許可したい場合>

アプリケーションごとに「オン」か「オフ」を切り替えることもできます。

Windows11_アプリケーションごとにアクセスを許可する

↑セキュリティが気になる方は、よく使われる「Teams」や「Zoom」のみオンにすると良いです。

 

改善したかどうかを確認します。

 

カメラアプリの修復を行う

アプリが壊れている可能性があるので、修復を行う方法をご紹介します。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

「設定」ボタンをクリックします。

Windows11_スタートメニュー→設定

 


1.「アプリ」をクリックします。
2.「アプリと機能」をクリックします。

Windows11_アプリと機能

 


1.下段にスクロールさせます。
2.「カメラ」欄の点々をクリックします。
3.「詳細オプション」をクリックします。

Windows11_カメラ詳細オプション

 

「リセット」欄の「修復」ボタンをクリックします。

Windows11_カメラのリセット

↑正常に終了すると「✓」マークが表示されます。

 

カメラアプリのリセットを行う

リセットを行う方法です。アプリのデータは削除されますのでご注意下さい。

 


上記で開いた画面の「リセット」ボタンをクリックします。

Windows11_カメラのリセット

 

↓のメッセージが表示されますので、よければ「リセット」ボタンをクリックします。

Windows11_このデバイス上のアプリデータが、基本設定とサインインの詳細と含めて完全に削除されます

↑基本設定、サインイン情報などが削除される。

 

正常に完了すると「✓」マークが表示されます。

Windows11_リセット完了

 

ドライバーの更新を行う

デバイスマネージャーを使って、カメラがデバイスとして認識されているかを確認します。

 

その上で、ドライバーの更新を行います。

 


「スタートメニュー」を右クリックします。

Windows11_スタートメニューを右クリック

 

「デバイスマネージャー」をクリックします。

Windows11_デバイスマネージャー

 

「カメラ」の項目に製品名が表示されているかを確認します。

Windows11_デバイスマネージャー

 


1.カメラの機種名を右クリックします。
2.「ドライバーの更新」をクリックします。

Windows11_ドライバーの更新

 

「ドライバーを自動的に検索」をクリックします。

Windows11_ドライバーを自動的に検索

 

表示されたメッセージを確認します。

Windows11_このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています。

↑ドライバーが古い場合は、案内に従って、新しいドライバーの更新を行います。

 

製品のメーカーサイトでは、最新ドライバーが公開されていることがあります。

 

一度確認してみることをおすすめします。

 

ドライバーを再インストールする

既に割当たっているドライバーをアンインストールし、再度入れなおします。

 


「スタートメニュー」を右クリックします。

Windows11_スタートメニューを右クリック

 

「デバイスマネージャー」をクリックします。

Windows11_デバイスマネージャー

 


1.カメラの機種名を右クリックします。
2.「デバイスのアンインストール」をクリックします。

Windows11_デバイスマネージャー→アンインストール

 

「アンインストール」ボタンをクリックします。

Windows11_デバイスのアンインストール

 

「カメラ」の項目が消えたことを確認します。

 

⑥ 
1.「スタートメニュー」を右クリックします。
2.「再起動」をクリックします。

Windows11_スタートメニュー→再起動

 


1.再度デバイスマネージャーを開きます。
2.「カメラ」項目が表示されていることを確認します。

Windows11_デバイスマネージャ→カメラ

 

本記事のトップの「カメラの動作確認を行う」で確認します。

 

それでも復旧しない場合

以上の対応でも復旧しない場合は、カメラの本体・ケーブルなどの故障が考えられます。

 

↓のように最近では、安価なカメラが手軽に購入できるようになりましたので、参考にして下さい。