【Windows11】エクスプローラーの変更点・使いやすくする

Explorer フォルダ

Windows11では、エクスプローラーがいくつか変更されていますね。

 

「Windows10の方がよかった」や「Windows11の方が効率が上がった」などの賛否両論があると思いますが、使いやすい方を選べるようになっているところもあります。

 

今回はそれらをまとめましたので、少しでも参考になれば幸いです。

 

本記事で使用するOSについて

本記事でご紹介しているOSは「Windows11」となります。

 

① フォルダメニューが変わった

Windows11では、フォルダのメニュー欄が大きく変わりました。主にアイコン表示が使われており、文字は少なくなっています。

Windows11フォルダメニューバー

 

↓がWindows10のリボンUI(ユーザーインターフェース)ですが、Windows11はスッキリしましたね。

Windows10 リボンインターフェース

 

 

それではWindows11の各ボタンの機能を解説します。

Windows11フォルダーメニューの機能名称

ボタン名説明
新規作成フィルダ内に新しいドキュメントを「新規作成」します。
カット選択されたファイルやフォルダを「切り取り」ます。
コピー選択されたファイルやフォルダを「コピー」します。
ペースト選択されたファイルやフォルダを「貼り付け」ます。
名前の変更選択されたファイルやフォルダの「名前を変更」します。
共有選択されたファイルやフォルダの「共有」します。
削除選択されたファイルやフォルダを「削除」します。
並べ替え「更新日時」「種類」や「昇順」「降順」などの条件で並び替えをします。
表示「特大アイコン」「中アイコン」「詳細」などのように表示形式を変更します。
もっと見る「プロパティ」や「オプション」などの他の操作を表示します。

②~⑤はアイコンになったことで見やすくなりました。

 

② ファイル同士の間隔が広くなった

フォルダを「一覧」や「詳細」で表示させてみると、ファイルとファイルの間隔が広く表示されるようになりました。

windows11ファイル表示の間隔が広い

 

モバイルで使用したり、ファイル数が少ない場合は見やすいかと思いますが、大量にある場合は以前のような表記がいいですね。

 

そこで以前の表示に戻す方法を記載します。

 

以前の表示(コンパクトビュー)にする方法

① フォルダを開き、「表示」→「コンパクトビュー」をクリックします。

windows11コンパクトビュー設定方法

 

② 以前のような表示に切り替わりました。

windows11コンパクトビュー

 

③ 右クリック時のメニューが変わった

ファイルを右クリックした時の表示についても、下記の点が変更されています。

 

  1. アイコン表記になった
  2. 文字が大きくなった

 

 

こちらもフォルダのメニューと同じく、「コピー」や「カット」「ペースト」などの基本機能は「アイコン化」されるようになりました。

 

 

また「その他のオプションを表示」ボタンをクリックすると、Windows10表記で表示されます。文字の大きさが違うので少し違和感があります。

 

④ 「拡張子・隠しファイルを表示する」設定方法が変わった

「ファイルの拡張子」や「隠しファイル」の表示をON・OFFする方法も、一部変更されています。

 

ちなみにファイルの拡張子とは、ファイルの種類を識別するものです。

windows11ファイルの拡張子

 

 

また隠しファイルは、通常は非表示にされていますが、「表示する」にすると表示させることができます。

windows11隠しファイルの表示

 

では、これらの設定方法です。

 

① フォルダの「表示」→「表示」→「ファイル名の拡張子」または「隠しファイル」をクリックします。

windows11ファイル拡張子、隠しファイル設定方法

また、Windows10の時のように「フォルダオプション」から変更することも可能です。

 

まとめ

項目説明
フォルダメニュー基本機能はアイコン化された。
Windows10のリボンUIは廃止された。
ファイル同士の表示間隔ファイル同士の表示間隔が広くなった。
コンパクトビューを設定することで、以前のような表示にできる。
右クリックメニュー基本機能はアイコン化された。
文字が大きくなった。
拡張子・隠しファイル設定箇所の変更。
引き続きフォルダオプションからも変更できる。

 

おすすめ書籍