【Windows11】マイクが使えない場合の対処方法

Windows11_マイク

リモートでの会議や飲み会などが多くなり、マイクを使う機会が多くなりましたよね?

 

今回は、マイクが使えなくなってしまったという場合の対処方法についてまとめます。

 

マイクが使えないかをテストしてみる

まずは、マイクの動作を確認をしてみましょう。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

「設定」ボタンをクリックします。

 Windows11_スタートメニュー→設定

 

「サウンド」をクリックします。

Windows11_システム→サウンド

 

「入力」欄を確認します。

 

<もし「入力デバイスが見つかりません」と表示されていたら>

もし↓の画面が表示されたら、本ページ下段の「マイクが無効になっている場合の対処方法」を実施して下さい。

Windows11_サウンド_入力デバイスが見つかりません

 

<もし「このデバイスを使用するには・・・」と表示されていたら>

もし↓の画面が表示されたら、本ページ下段の「マイクへのアクセスが許可されているか」を実施して下さい。

Windows11_サウンド_このデバイスを使用するには、マイクのプライバシー設定でアクセスを許可して下さい。

 

「マイク」ボタンをクリックします。

 

「マイクのテスト」欄にある「テストの開始」をクリックします。

Windows11_システム→サウンド→マイクテスト開始

 

数秒したら「テストの停止」ボタンをクリックします。

Windows11_システム→サウンド→マイクテスト停止

 

「合計のボリューム」が0%と表示された場合は、音声を拾えていません。

Windows11_システム→サウンド→マイク→合計ボリューム

 

引き続き、各項目を確認してみて下さい。

 

マイクが無効になっている場合

マイクの使用が無効になっている場合の、対処方法をご紹介します。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

検索欄に「cont」と入力します。

Windows11_コントロールパネル

 

すると「コントロールパネル」が検索されますので、クリックします。

Windows11_コントロールパネル

 

「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

Windows11_コントロールパネル_ハードウェアとサウンド

 

「サウンド」をクリックします。

Windows11_コントロールパネル_サウンド

 

⑥ 
1.「録音」タブをクリックします。
2.「マイク」が「無効」になっていないかを確認します。

Windows11_コントロールパネル_サウンド_録音_無効

 

もし無効になっている場合は、右クリックし「有効」をクリックします。

Windows11_コントロールパネル_サウンド_録音_有効

 

「✓」マークが表示されたことを確認します。

 

マイクへのアクセスが許可されているか

マイクへのアクセスが許可されているかを確認します。

 

1.「マイクへのアクセス」を許可する

 

「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

「設定」ボタンをクリックします。

 Windows11_スタートメニュー→設定

 


1.「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。
2.「マイク」をクリックします。

Windows11_プライバシーとセキュリティ_マイク

 

「マイクへのアクセス」がオフになっている場合は、オンに変更します。

Windows11_マイクへのアクセスを確認

↑マイクの使用許可を与えることができます。

 

2.「アプリごとに」を許可をしたい場合

さらにアプリケーションごとに使用許可を与えたい場合は、続けて以下の手順を行います。

 

アプリケーションごとに「オン」または「オフ」に切り替えます。

Windows11_アプリケーションごとにマイクを設定

 

マイク(デバイス)の使用が許可されているか

使用可能なデバイスを使う設定になっているかを確認します。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

「設定」ボタンをクリックします。

 Windows11_スタートメニュー→設定

 

③ 
1.「Bluetoothとデバイス」をクリックします。
2.「デバイス」をクリックします。

Windows11_Bluetoothとデバイス

 

画面を下へスクロールし、「サウンド」をクリックします。

Windows11_Bluetoothとデバイス→サウンド

 

「マイク」をクリックします。

Windows11_システム→サウンド→マイク

 

<以下のメッセージが表示されていた場合>

「このデバイスを使用するには、マイクのプライバシー設定でアクセスを許可して下さい。」と表示されている。

このデバイスを使用するには、マイクのプライバシー設定でアクセスを許可して下さい

↑この場合は、本記事の「マイクへのアクセスが許可されているか」を実施して下さい。

 

「許可しない」という表示になっていることを確認します。

Windows11_システム→サウンド→マイク許可しない

↑もし「許可」の表示になっている場合は、ボタンをクリックして「許可しない」の表示に切り替えます。

 

マイクのボリューム音量が小さくないか

マイクのボリューム量が小さくなっていないかを確認します。

 


「スタートメニュー」をクリックします。

Windows11_スタートメニュークリック

 

「設定」ボタンをクリックします。

 Windows11_スタートメニュー→設定

 

「サウンド」をクリックします。

Windows11_システム→サウンド

 

「入力」欄の「ボリューム」が低すぎないかを確認します。

Windows11_マイクのボリューム調整

↑低い場合は、つまみを右側へスライダーし、大きくします。

 

ドライバーの再インストールを行う

マイクのデバイスドライバーが壊れている可能性があります。

 

一度ドライバーをアンインストールすることで、復旧することがあります。

 

マイクのドライバーは、予めメーカーサイトなどで確認しておいてください。

 

作業は、自己責任でお願い致します。

 


「スタートメニュー」を右クリックします。

Windows11_スタートメニューを右クリック

 

「デバイスマネージャー」をクリックします。

Windows11_デバイスマネージャー

 

「オーディオの入力および出力」で「マイク」を確認します。

Windows11_デバイスマネージャー_オーディオの入力および出力

↑使っているマイクによって表示のされ方が違いますので、ご注意下さい。

 

「右クリック」し、「デバイスのアンインストール」をクリックします。

Windows11_デバイスマネージャー_オーディオの入力および出力_マイクのアンインストール

 

「アンインストール」をクリックします。

Windows11_マイクデバイスのアンインストール

 

マイクが表示されなくなったことを確認します。

 

「スタートメニュー」→「シャットダウンまたはサインアウト」→「再起動」をクリックします。

Windows11_再起動処理

 

再度「デバイスマネージャー」を開き「マイク」が表示されていることを確認します。

 

本記事トップの「マイクが使えないかをテストしてみる」を行い、使えるかを試してみて下さい。

 

マイクの故障

マイク自体が故障している可能性があります。

 

メーカーへの修理や、買い替えなどを検討する必要があるかもしれません。

 

近年では、マイクを安く購入できるようになってきましたので、↓の商品を確認してみて下さい。