【Windows11】OneDriveを便利に使う方法

onedrive

Windows11では、クラウドストレージ(OneDrive)を使うことができます。

 

バックアップファイルの保管庫としても利用できるので、ぜひ使いたい機能です。

 

今回は、OneDriveの始め方から便利なバックアップ機能についてご説明します。

 

クラウドストレージってなに?

クラウドストレージとは、インターネット上に用意されたデータの保管スペースのことです。

 

みなさんが使われているパソコンやスマートフォンには、データを記憶しておく装置が内蔵されています。それのインターネット版ということになります。

 

使うパソコンが変わったとしてもアカウントさえあればデータを取り出すことができますので、ファイル共有やバックアップに利用することができます。

 

本記事で使用するOSについて

本記事でご紹介しているOSは「Windows11」となります。

 

OneDriveはどれくらいの容量を使えるの?

OneDriveは、Microsoftアカウントを取得していれば無料で5GBまで使用することができます。

 

無料で使えるのはうれしいですね。

 

またMicrosoft 365 Personalであれば1TBまで使用することができますし、セキュリティも向上しますのでバックアップで使う場合には最適です。

 

OneDriveを起動しよう

ここからはOneDriveの始め方をご説明します。

 

画面右下の常駐プログラムに「OneDrive」が表示されていることを確認します。

OneDrive起動確認

 

表示されていない場合

もし表示されていない場合は、下記の方法で起動させます。

 

① スタートメニューをクリックする。

スタートメニュー windows11

 

② 検索ワード欄に「OneDrive」と入力し、ヒットしたOneDriveをクリックします。

Onedrive起動

 

Microsoftアカウントでログインする

引き続き初期設定を進めていきます。

 

① Microsoftアカウントのメールアドレスを入力し、「サインイン」をクリックします。
※もしMicrosoftアカウントを取得していない場合は、「アカウントを作成」ボタンをクリックします。

OneDriveログインする

 

② パスワードを入力し、「サインイン」ボタンをクリックします。

OneDriveパスワード入力する

 

③ 同期するフォルダーを確認して、「次へ」ボタンをクリックします。
もし変更したい場合は「場所の変更」ボタンをクリックして変更します。

OneDrive同期フォルダの指定

 

④ 無料版を使う場合は、「後で」をクリックします。

 

⑤ ここからいくつかの説明が入りますので「次へ」をクリックしていきます。

OneDrive説明

 

⑥ 「OneDriveフォルダーを開く」ボタンをクリックします。

OneDrive

 

⑦ OneDriveフォルダーが開きます。
準備はこれで完了です。

 

クラウドストレージの使い方

ここからは実際の使い方について説明していきます。

 

1. 同期フォルダを使ってアップロードする

OneDriveフォルダーに同期したいファイルをドラッグ&ドロップすることで、同期が始まります。

OneDrive同期フォルダにドラッグ&ドロップ

 

また「状態」欄を見ると、同期状況を確認することができます。

OneDriveステータスアイコンの意味

 

<各アイコンの意味>

青い雲のアイコン OneDrive:ファイルやフォルダーの実体がクラウド上にあります。そのためパソコンがオフラインの時にはファイルを開くことができません。

緑のメモリアイコン OneDrive:ファイルやフォルダーがパソコン内にもあるため、オフラインでも開くことができます。

同期中 OneDrive:ファイルやフォルダーが同期中です。暫く待つ必要があります。

白いチェック マークが付く緑色の単色の円 OneDrive:ファイルやフォルダーが常にパソコン内に保存されていることを示すアイコンです。

 

パソコンを2台持ちしている方は、もう片方のパソコンにも同じアカウントでサインインすれば、ファイルの受け渡しも簡単に行う事ができます。

 

2.WEBブラウザを使ってクラウドストレージを操作する

WEBブラウザを使って、クラウドストレージ内を操作することもできます。

 

① OneDriveをクリックします。

windows11OneDriveアイコン

 

② 「ヘルプと設定」をクリックし、「オンラインで表示」ボタンをクリックします。

OneDriveオンライン表示

 

③ するとお使いのWEBブラウザでクラウドストレージが開きます。

OneDriveをWEBブラウザで操作する

 

④ フォルダと同じ感覚で、削除やコピーなどの操作を行うことができます。

OneDrive

 

3.バックアップ機能を利用する

OneDriveの機能に「バックアップ」があります。

 

デスクトップやドキュメントのデータがクラウドに同期されますので、PCが故障してもデータの復旧を容易に行えます。

 

① OneDriveをクリックします。

windows11OneDriveアイコン

 

② 「ヘルプと設定」をクリックし、「設定」をクリックします。

OneDrive設定

 

③ 「バックアップ」タブをクリックし、「バックアップを管理」ボタンをクリックします。

OneDriveバックアップの管理

 

④ バックアップを取得したい項目をクリックして、チェックを入れます。
「バックアップの開始」をクリックします。

OneDriveバックアップ対象の選択

 

⑤ 上記で「写真」にチェックを入れた場合は、「ピクチャ」フォルダが同期対象になります。

ピクチャを同期_OneDrive

 

⑥ またバックアップを停止したい場合は、「バックアップを管理」を開き、「バックアップを停止」ボタンをクリックします。

バックアップを停止する_OneDrive

 

まとめ

項目説明
クラウドストレージとは?インターネット上に用意されたデータ保管スペース
使える容量は?5GBまで無料。
Microsoft365 personalであれば1TBまで。
OneDriveの起動方法スタートメニュー→OneDriveと検索する。
サインインするMicrosoftアカウントでサインインする。
持っていない場合は新規作成する。
同期フォルダを使う同期フォルダに入れればアップロードされる。
WEBブラウザを使うWEBブラウザ上でもファイル操作が可能。
バックアップ機能を使う「デスクトップ」「ドキュメント」「ピクチャ」のバックアップ機能がある

 

おすすめ書籍

各項目がまんべんなく記載されていますので、これからWindows11を始める方には最適な書籍となっています。