【Windows11】自動スタートアップするアプリを起動させないようにする方法

あなたは下の画像ように、多くのプログラムを起動させていませんか?

常駐タスクWindows11

 

これらは「常駐プログラム」のひとつで、「パソコンを監視したり、起動する手間を減らしてくれたりするメリット」があります。つまりずーっと起動したままのプログラムです。

 

ところが裏を返すと、「使っていないソフトでもずっと動きっぱなし」になってしまいます。

 

そしてこれらがあまりに多いと、リソース(パソコンの処理能力)を消費してしまいます。

Windows11タスクマネージャ

 

その結果、動作が遅くなってしまったり、ノートパソコンであればバッテリーの持ちが短くなってしまうなどの症状が起きます。

 

そこで今回は、「使っていないプログラムを起動しないように」して、快適に使えるようにする方法をご紹介します。

 

アプリを自動で起動しないようにする

下記の手順で、プログラムが自動で起動しないように設定しましょう。

 

① 「スタートメニュー」→「設定」をクリックします。

スタートメニュー設定

 

② 「アプリ」→「スタートアップ」をクリックします。

設定→アプリ→スタートアップ

 

③ スタートアップさせたくないアプリケーションを「オン」から「オフ」に変更します。
※ 判断ができないアプリの場合は、念のためオフにしないようにしましょう。

アプリ→スタートアップwindows11

 

④ 「スタートメニュー」→「電源ボタン」をクリックして、再起動をさせます。
※再起動させないと、プログラムは起動したままです。

windows11 再起動方法

 

⑤ 起動後、常駐プログラムを確認すると、数が減っていることがわかります。

windows11常駐プログラム

 

バックグラウンドアプリを自動起動しないようにする

上記の方法でスタートアップをオフにするだけでも効果的ですが、さらにパソコンの裏側で動作している「他のアプリ」をオフにすることもできます。

 

少し面倒な作業かもしれませんが、徹底的に行いたい場合におすすめです。

 

① 「スタートメニュー」→「設定」をクリックします。

スタートメニュー設定

 

② 「アプリ」→「アプリと機能」をクリックします。

Windows11アプリと機能

 


1.少し下にスクロールさせます。
2.クリックします。
3.「詳細オプション」をクリックします。
※「詳細オプション」の記載がないアプリは、変更できません。

アプリと機能→詳細オプション windows11

 


1.少し下にスクロールさせます。
2.「このアプリをバックグラウンドで実行する」をクリックします。
3.「常にオン」から「電力最適化」か「常にオフ」に変更します。

 

⑤ 他のアプリも同様に変更していきます。