Office 2019 買い切り版(永続版)のインストール方法

Office 2019 買い切り版(永続版)のインストール方法

Officeプレインストール版やOffice365サブスクリプションのインストール方法は、あまり迷わないと思います。

 

しかし、Office Professional 2019の買い切り版(永続版)のインストール方法は少し分かりにくかったのでまとめてみました。

 

なお、永続版のインストールの際は、Microsoftなどで予めライセンスを購入しておく必要があります。

 

OFFICEのダウンロード

 「www.office.com」へアクセスする。

「サインイン」をクリックする。

microsoftログイン

 

 Microsoftアカウントを使用し、ログインします。
  ※Microsoftアカウントが無い場合は、新規取得する必要があります。
  新規取得時は、メールが受信出来る環境が必要となります。

 

 「Officeのインストール」をクリックします。
  「プロダクトキーを所有している場合」をクリックします。

プロダクトキーを使用

 

 「サインイン」ボタンをクリックします。

microsoftアカウントサインイン

 

 予め購入した買い切り版(永続版)のプロダクトキーを入力します。

 

 「確認されたプロダクトキー」の種類が間違いないかを確認します。
  下図は、Office Professional2019の場合。
  問題なければ「次へ」をクリックします。
  ※「Microsoft 365アプリを入手する」と記載されていますが、そのまま進めます。

プロダクトキー

 

インストール

 「サービスとサブスクリプション」の画面で、「インストールする」をクリックします。
  ※この画面はまだ閉じないようにします。

Office2019インストール

 

 下記の画面が表示されます。

OFFICEインストール中

 

 下記画面で暫く待ちます。

office2019インストール中

 

 「続行」ボタンをクリックします。

office2019サインイン

 

 「サインイン」ボタンをクリックする。 
  ※表示されない場合は、エクセル等を開き、「ファイル」→「アカウント」→「ライセンス認証」ボタンをクリックします。

officeサインイン

 

 「プロダクトキーを代わりに入力する」をクリックする。  
  「次へ」をクリックする。

プロダクトキーを代わりに入力する

 

 下記の画面になります。

プロダクトキーを入力します。

 

 ⑦で開いている画面の「プロダクトキー」の右にある、「プロダクトキーを表示する」をクリックする。
  表示されたプロダクトキーを確認し、⑬の画面にキーを入力します。

サービスとサブスクリプション

 

 「Officeをライセンス認証」をクリックします。

Officeをライセンス認証

 

 ライセンス認証ウィザードの画面で、「ソフトウェアのライセンス認証をインターネット経由で行う(推奨)」をクリックする。
  「次へ」をクリックする。

ソフトウェアのライセンス認証をインターネット経由で行う

 

 「閉じる」ボタンをクリックする。

 

 エクセルなどのOffice製品を開く。
  「ファイル」→「アカウント」をクリックする。
  「ライセンス認証された製品」と表示されることを確認する。

ライセンス認証された製品

 

 下記のように、「ライセンス認証が必要です」の表示の場合は、ライセンス認証が完了していません。
  ⑭のプロダクトキーを再度確認し、再度ライセンス認証を行います。
  ※ ライセンス認証を完了せずに使用すると、数週間で機能制限が発生してしまいます。

ライセンス認証が必要です