【Gmail】メール送信日時を指定する方法

Gmail_日時指定してメール送信

Gmailでは、日時を指定して「メール送信を予約」することができます。

 

それにより、メール送信忘れを防止することができます。

 

例えば記念日やバースデーメール、仕事メンバーや自分に対してのタスク予防にも使えますので、非常に便利です。

 

本記事はGmailのご紹介ですが、もしOutlookで設定したい場合は↓の記事を参考にして下さい。

関連記事

メールを送信したい日時が予め決まっている時は、自動送信をしておくことで、送信忘れを防ぐことができます。 例えば記念日やお礼メール、仕事のフォローメールなどに使うと効果的です。  […]

指定した日時にメールを自動送信する方法【Outlook】

 

メール送信する日時を指定する方法

それでは早速、「送信日時を設定する方法」をご紹介します。

 


画面左上の「作成」ボタンをクリックします。

gmail_メール作成

 

「宛先」「件名」「本文」を入力します。

Gmail宛先・件名・本文の入力

余談ですが、文字を入力すると自動で「下書き保存」されますので、誤って閉じてしまっても安心です。

 

③ 
1.「送信」ボタン横の「△」をクリックします。
2.「送信日時を設定」をクリックします。

Gmail_送信日時を設定

 


1.日時の候補が表示されますので、選択します。
2.もし該当するものが無ければ「日時と時刻の選択」をクリックします。

Gmail_送信日時の設定

 

「日時と時刻を選択」をクリックした場合

1.カレンダーから日にちを選択します。
2.時刻を入力します。
3.「送信日時を設定」ボタンをクリックします。

Gmail_日付と時間を選択

 

左下に確認画面が表示されます。

Gmail_送信予定日時

 

↑「元に戻す」ボタンをクリックした場合

もし「元に戻す」ボタンをクリックすると、指定した予約が取り消されて、下書きに保存されます。

Gmail_元に戻すボタンをクリック

 

↑「メッセージを表示」ボタンをクリックした場合

送信予約したメッセージを表示します。

 

画面左(ラベルリスト)の「予定」ボタンをクリックします。

Gmail_予定

先ほど作ったメールが、一覧表に載っていれば完了です。

 

内容を変更したい場合

日時指定したメールの内容を編集することはできません。

 

一度予約を取り消ししてから、再度やり直してください。

 

予約したメールを取り消す方法

日時指定したメールを取り消す方法をご紹介します。

 


画面左(ラベルリスト)の「予定」ボタンをクリックします。

Gmail_予定

 

取り消ししたいメールの「ゴミ箱マーク」をクリックします。

Gmail_ゴミ箱マーク

 

画面左下に「スレッドをゴミ箱に移動し、送信予定をキャンセルしました。」と表示されます。

Gmail_送信取消確認

これで送信を取り消すことができました。

 

↑「取消」ボタンを押した場合

「取消」ボタンをクリックすると、メールを「下書き」に戻すことができます。

 

Gmailを使うメリット

最後に、Gmailで送信予約を行うメリットについてご紹介します。

 

パソコンを起動しておく必要がない

Outlookクライアントでも送信日時を指定することができます。

ところが送信時間にパソコンを起動していないと動作しませんので、注意が必要です。

Gmailは、パソコンを起動していなくても動作することができます。

 

どのデバイスからでも操作が可能

インターネットに繋がっていることと、Google Workspaceにログインができれば、どのデバイスからでも操作が可能です。

クライアントソフトはインストールされている必要はありません。

 

おすすめ記事

Gmailで「署名」を設定しておくと便利です。

署名とは「名刺のメール版」ですので、ご自身のパーソナル情報を付与させることができます。

まだ設定されていない方は、ぜひ↓を参考にして下さい。

関連記事

メールの末尾に書いてある、会社名や名前・連絡先などのことを一般的に「署名」と呼びます。 Gmailでは予め署名を作っておくと、メールを送信する際に自動的に付与してくれます。 今回はその設定[…]