Windows11のスタートメニューをカスタマイズする

Windows11のスタートメニューでこんな疑問・悩みはありませんか?

・ なにができるようになったの?
・ アプリケーションをすばやく起動したい。

・ Windows10のように戻したい。

 

この記事では、スタートメニューを使いやすいようにカスタマイズする方法をご紹介します。

 

スタートメニューの役割

まずは、スタートメニューの役割を説明します。

 

windows11スタートメニューの役割

名称役割
検索ウィンドウ検索ワードを入力することでアプリや設定、WEB上での調べものなどに利用できます。
ピン留めされたアプリ好きなアプリケーションをピン止めすることができます。
デスクトップに散らばらせておくよりも、ここに集約するとスッキリします。
おすすめアプリ最近起動したアプリなどを表示させておくことができます。※詳しくは下記で解説
電源メニュー「スリープ」「再起動」「シャットダウン」を行うことができます。
アカウントメニュー現在ログイン中のアカウントが表示されており、クリックすることでサインアウトなどのメニューを表示することができます。

 

スタートメニューのピン留めの使い方

1.ピン留めの外し方

初期状態では、使わないアプリがピン留めされているので、一度すべて消してみます。

 

① 対象のアプリを右クリック→「スタートからピン留めを外す」をクリックします。

windows11スタートピン留めを外す

 

② こんな感じでスッキリさせます。

windows11スタートメニューピン留めを全て外す

 

2.ピン留めをする方法

では、すっきりした場所によく使うアプリをピン留めしていきます。

 

① 「すべてのアプリ」をクリックします。

スタートメニューすべてのアプリWindows11

 

② ピン留めしたいアプリを右クリック→「スタートにピン留めする」をクリックします。

スタートメニューピン留めWindows11

 

タスクバーほど頻繁には使わないけど、ないと困るというアプリをここに登録しておくと使いやすくなります。

 

「おすすめ」を非表示にする方法

下記の「おすすめ」欄を非表示にする設定方法です。

 

① 「設定」ボタンをクリックします。

windows11設定

 

② 「個人用設定」をクリック→「スタート」をクリックします。

windows11個人用設定→スタート

 

④ 該当する箇所をオフにします。

最近追加したアプリを表示

 

各項目の意味は、下記の通りです。

項目説明
「最近追加したアプリを表示する」最近インストールしたアプリケーションが「おすすめ」に表示されます。
「よく使うアプリを表示する」使用頻度が高いアプリケーションが「おすすめ」に表示されるようになります。
「最近開いた項目をスタート、ジャンプリスト、ファイルエクスプローラーに表示する」最近開いたファイルが「おすすめ」に表示されるようになります。

 

スタートメニューに「フォルダー」を表示させる方法

下記のように、「設定」や「エクスプローラー」「ドキュメント」などのフォルダーを表示させることができます。

スタートメニューアイコン

 

① 「設定」ボタンをクリックします。

スタートメニュー設定

 

② 「個人用設定」をクリック→「フォルダー」をクリックします。

個人用設定→スタート→フォルダー

 

③ 表示させたいフォルダーを「オン」に切り替えます。

フォルダー

 

④ スタートメニューをクリックし、アイコンが表示されたことを確認します。

スタートメニューフォルダー windows11

 

ここに「設定」フォルダーを追加した場合は、スタートメニューにピン留めしている「設定」は不要になるので外しておきましょう。

 

スタートメニューの位置を変える方法

初期値では、画面の中央にスタートメニューが表示されますが、Windows10のように左側に表示させることができます。

windows11スタートメニューの位置を変える

 

① 「タスクバー」を右クリック→「タスクバーの設定」をクリックします。

windows11タスクバー

 

② 「タスクバーの動作」をクリックします。

個人用設定→タスクバー windows11

 

③ 「タスクバー配置」をクリックし、「中央揃え」から「左揃え」に変更します。

スタートメニュー左揃え

 

④ スタートメニューと、タスクバーのアイコンが左揃えになったことを確認します。
Windows10と似たようなスタイルになりましたね。

windows11スタートメニューの位置を変える

 

おすすめ記事

Windows11では、「タスクビュー」と言う機能が使えます。

この機能は、いくつかのアプリケーションを整理しながら仕事を進めることができます。

関連記事

現代では、さまざまな作業を「切り替えて」こなしていくスタイルが増えてきました。 例えば・・・「案件A」と「案件B」を整理しながら処理をしていく。または「仕事」と「プライベート」を切り替えながら進めていくとい[…]

タスクビュー機能で効率的な作業を行うwindows11

 

Windows11をもっと知りたい方・お悩みの方

できるWindows 11シリーズ書籍は、初心者の方におすすめです。

・ これからWindows11を覚えていきたい。
・ 分かりやすい図解や説明で覚えていきたい。

・ 電話やメールでサポートをうけたい。。

 

ぜひ、最初の1冊としていかがでしょうか?

 

Microsoft 365への乗り換えは終わっていますか?

 

買い切り版のOfficeは、2026年にサポートが終了する予定になっています。

最新機能を使えるMicrosoft 365へ切り替えをしていきましょう。