【Windows11】システムの復元で状態を戻す方法

windows11システムの復元_システムの保護

Windows11でシステムの不具合が起きた場合は、どのように対処していますか?

 

Windows11には「システムの保護」というありがたい機能があります。

 

今回は、この機能の使い方を説明していきます。

 

システムの復元とは?

パソコンは日常的に「プログラムの追加」や「パッチの更新」などが行われており、データは書き変わっています。

 

これらの処理はパソコンを使うために必要なことですが、その反面、不具合を引き起こす可能性も潜んでいます。

 

その不具合が起きた時に救世主となるのが「システムの復元」です。

 

システムの復元は、Windowsを「ある日の状態に戻す機能」のことです。このおかげで、不具合発生前の状態に巻き戻すことができるのです。

 

本記事で使用するOSについて

本記事でご紹介しているOSは「Windows11」となります。

 

メリット

1.不具合発生前の状態に戻せる

復元ポイントと呼ばれる「正常な時の状態」が保存されていれば、状態を戻すことができます。

 

昨今はWindowsアップデートが頻繁に行われており、バグなどの不具合が発生しやすくなっています。
システムの復元は、現代では必要不可欠な機能と言っても良いでしょう。

 

2.手間がかからない

復元ポイントは、予め設定しておけば「自動で取得」してくれるので手間はかかりません。
復元のやり方も数クリックで実行できるようになっています。

 

デメリット

1.更新したファイルは戻らない

復元ポイントから現在までに更新したファイルは消滅してしまいます。

 

パソコンが起動する状況であれば、システムの復元を行う前にバックアップをしておきましょう。

 

2.正常に復元できないこともある

必ずしも復元ポイントとの状態に戻せるとは限りません。

 

そのため、この機能は「最終手段」として利用することをおすすめします。

 

システムの復元の準備

復元ポイントは、自動で取得されるように予め設定しておかなければなりません。

 

下記の方法で、手順を確認しておきましょう。

 

① 「スタートメニュー」→「設定」をクリックします。

スタートメニュー設定

 

② 「バージョン情報」をクリックします。

windows11バージョン情報

 

③ 「システムの保護」をクリックします。

windows11バージョン情報_システムの保護

 

④ 保護が「有効」になっていることを確認します。

windows11システムのプロパティ

 

<もし無効になっている場合>

「構成」ボタンをクリックします。

windows11システムの復元_構成

 

「システムの保護を有効にする」にチェックをいれ、「OK」ボタンをクリックします。

windows11システムの保護対象

 

⑤ 引き続き「構成」ボタンをクリックします。

windows11システムの復元_構成

 

⑥ 「最大使用量」のつまみを移動させます。
※ここの使用量が少ないと、復元ポイントの世代数が少なくなります。
※空きディスク容量を確認しながら、確保するようにしましょう。

windows11システムの保護_ディスク領域の使用量

 

上記の手順を行っておけば、バッチ・ソフトウェアのインストール前などに復元ポイントが作成されていきます。

 

復元ポイントを今すぐ作成する手順

まだ一回も作成されていない場合や、念のため作っておきたいという場合には、手動で作ることも可能です。

 

① 「作成」ボタンをクリックします。

windows11システムの保護、作成

 

② 復元ポイントの名前を入力し、「作成」ボタンをクリックします。

windows11復元ポイントの作成

 

③ 復元ポイントの作成が始まります。

 

④ 復元ポイントは正常に作成されましたと表示されるので、「閉じる」ボタンをクリックします。

windows11復元ポイント作成

 

復元ポイントが作成されているかの確認手順

復元ポイントが問題なく作成されているかを確認しておきましょう。

 

① 「システムの復元」ボタンをクリックします。

windows11システムのプロパティ

 

② 「次へ」をクリックします。

windows11システムファイルと設定の復元

 

③ 作成されていることを確認します。

 

システムの復元を実行する手順

実際にシステムの復元を実行する手順です。

 

復元ポイントから現在までに更新したファイルは、予めバックアップを取っておきましょう。

 

① 「システムの復元」をクリックします。

windows11システムのプロパティ

 

② 「次へ」をクリックします。

windows11システムファイルと設定の復元

 

③ 戻したい日の復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。

 

④ 内容を確認し「完了」ボタンをクリックします。
復元が開始されます。

windows11復元ポイントの確認

 

まとめ

項目説明
システムの復元とは?ある日の状態に戻す機能
メリット・不具合発生前の状態に戻せる
・手間がかからない
デメリット・更新したファイルは戻らない
・正常に復元できないこともある
システムの保護をする準備「スタートメニュー」→「設定」→「バージョン情報」→「システムの保護」→保護が有効になっていることを確認する。
復元ポイントを作成する手順「スタートメニュー」→「設定」→「バージョン情報」→「システムの保護」→「作成」→名前を入力して作成ボタンをクリック
復元ポイントが作成されているかの確認手順「スタートメニュー」→「設定」→「バージョン情報」→「システムの保護」→「システムの復元」→「次へ」→日付を確認する

 

おすすめ書籍

Windows11について基本機能が網羅されています。