【解決方法】Outlook対象のプリンシパル名が間違っています

outlook対象のプリンシパル名対処

Outlookを使っていて、下記のような画面が表示されたことはありませんか?

接続しているサーバーは、確認できないセキュリティ証明書を使用しています。対象のプリンシパル名が間違っています。」と表示されています。

 

「接続しているサーバーは、確認できないセキュリティ証明書を使用しています。対象のプリンシパル名が間違っています。」と表示されています。

 

今回はこの対処方法をまとめましたので、参考になればと思います。

 

症状について

証明書を発行しているメールサーバーとOutlookで情報の不一致を起こしていることが考えられます。

 

上記の画面で「はい」ボタンを押すと表示が消え、一時的に送受信ができるようになります。ですがOutlookを再起動すると、再度表示されてしまいます。

 

本記事で使用しているアプリ【M365 Outlook、Outlook2021】

本記事では、「Microsoft365 Outlook」「Outlook2021」を使用してご紹介致します。

 

対処1.正しいサーバー名に修正する

SSLが使えるポートを使用しつつ、表示を解消させる方法をご紹介します。

 

セキュリティレベルを維持しながら送受信を行うことができます。

 


① 「証明書の表示」をクリックします。

outlook_証明書の表示

 

② 「発行先」欄のサーバー名を確認し、「OK」ボタンで閉じます。

証明書の発行先

 

③ 「ファイル」をクリックします。

outlookファイルタブ

 

④ 「アカウント設定」をクリックし、「プロファイルの管理」をクリックします。

outlook_アカウント設定_アカウント管理

 

⑤ 「電子メールアカウント」をクリックします。

outlook_電子メールアカウント

 

⑥ メールアドレスをクリックし、「変更」ボタンをクリックします。

outlook_アカウントの変更

 

⑦ 「受信メールサーバー」と「送信メールサーバー」が②で確認したサーバー名と一致するかを確認します。

発行先サーバー名と一致するかを確認

 

もし一致しない場合は、正しいサーバー名に書き換えます。
※サーバー名は、ホスティング会社の契約内容によって異なります。
「次へ」をクリックします。

正しい受信サーバー名に変更する

 

⑧ Outlookを再起動し、当初の症状が表示されないことを確認します。

 

対処2.ポート設定を変更する

上記の方法で解消されない場合には、ポート設定を変更して対処します。

 

以下はSSLを使用しない設定方法となります。セキュリティレベルは下がりますのでご注意下さい。

 


① 「ファイル」をクリックします。

outlookファイルタブ

 

② 「アカウント設定」をクリックし、「プロファイルの管理」をクリックします。

outlook_アカウント設定_アカウント管理

 

③ 「電子メールアカウント」をクリックします。

outlook_電子メールアカウント

 

④ メールアドレスをクリックし、「変更」ボタンをクリックします。

outlook_アカウントの変更

 

⑤ 「詳細設定」ボタンをクリックします。

outlook_アカウントの変更

 

⑥ 下記の設定に書き換えます。
・「受信サーバー(POP3)」→110
  ※IMAPは143
・「このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」→✓をはずす
・「送信サーバー(SMTP)」→587
・「使用する暗号化接続の種類」→STARTTLS もしくは なし

outlook インターネット電子メール設定 詳細設定

 

<STARTTLSについて>

STARTTLSとは、送信パソコンから受信サーバーまでのデータを暗号化してくれる技術です。
SSLよりも新しい暗号化の仕組みであるTLSを使う事ができます。
STARTTLSを有効にした状態で、症状が改善しない場合は「なし」に変更してみて下さい。

 

⑦ 「OK」ボタンをクリックし、「次へ」をクリックします。

アカウントの変更

 

⑧ テストメール送信が正常に完了したことを確認します。

outlookテストメール送信

 

⑨ Outlook右上の「×」で終了し、再度起動します。

outlook閉じる

 

⑩ 症状が発生しないことを確認します。

 

まとめ

設定方法
「ファイル」→「アカウントの設定」→「プロファイルの管理」
「電子メールアカウント」→「メールアドレスを選択し、変更をクリック」
「詳細設定」をクリック
「詳細設定タブ」をクリックし、設定に変更する。
Outlookを再起動し、症状が改善されているかを確認する。

 

おすすめ書籍