ネットワークHDD(NAS)の間違いない選び方!

ネットワークHDD(NAS)の間違いない選び方!

みなさんはNASを正しく選んで購入されていますか? ご使用されているNASを思い浮かべて、今故障したと考えたらデータは大丈夫と言い切れますか?

 

  今回は、正しいNASの選び方(構築の仕方)を順を追って学んで頂ければと思います。   この記事を最後まで読んで頂くと下記のことが分かります。

  1. NASの正しい構築の考え方
  2. コストパフォーマンスに適した考え方
  3. 必要な機器構成の知識

 

データ保証の重要性

みなさんは、NASに何を求めますか?

 

アクセススピードですか? それとも機能の多さですか?

 

それらも大切ですが、一番重要なことは「如何にデータが保証されるか」ではないでしょうか?

 

NASはデータの保管所なので、データが消えてしまうことを何より恐れておく必要があります。
そこをどれだけ掘り下げて考えられているかが、非常に重要なポイントとなります。

 

コストパフォーマンスの重要性

みなさんは、NASにどれだけお金をかけることができますか? 質問が連続してすいません。

 

お金に糸目をつけない方は、読み飛ばして問題ありません。

 

ほとんどの人が「お金をあまりかけたくない」けれども「データ保証はしておきたい」と言う人がほとんどではないでしょうか?

 

今回は、「データ保証」を重視しつつも「低コスト」を重視した構成を考えていきます。  

間違ったNAS選び

 

デメリット

NASを購入するにあたって、下記に当てはまっていませんか?  

 

  1. NASはRAIDを組んでいれば大丈夫!
    (※RAIDとは、1つのHDDが壊れても他のHDDからデータの復旧ができる仕組みのこと。)
  2. メーカーブランドがしっかりしているから大丈夫!
  3. 内蔵されているHDDの故障率が低いから大丈夫!
  4. NASは高い物を選んでいれば大丈夫!

 

実はこれらは、誤った考え方です。

 

正しくは、これらのことを複合的に考えれていないから」間違いなのです。

 

もし当てはまっていた場合は、この機会に見直してみませんか?

 

NASを選ぶ上で重要なこと

では、どのように選べばよいのでしょうか?

 

下記のように、4つの工程で考えていきます。

NASを選ぶ4つのポイント

それぞれを個別に解説していきます。  

①故障率を減らす構成

停電・過電流・コンセント抜けを想定する

NAS停電

まずは、故障する可能性を減らすことが非常に大切ですね。 故障をしなければ、データが消える可能性が減ります。

 

私は仕事で障害対応をしていますが、小さい会社さんですとか、自宅・マンションで使う場合には、壊れ方に癖があります。

 

それは、ブレーカー落ちや落雷や停電による故障です。

 

台風の季節は、落雷による故障が多くなります。 そして落雷することにより、停電してしまったり、過電流による基板故障がおきてしまうのです。

 

また計画停電にしても、予め電源を切っておけばよいのですが、NASって切り忘れることが多いんです。

 

では、どうするのかというと、UPS(無停電装置)を構成に加えます。 こんなような装置です。

UPSAPC

 

UPS(無停電装置)は、機械の中にバッテリーが内蔵されています。 背面はこんな感じです。

APC BR1000S-JP背面

そしてNASの電源ケーブルを、この装置を経由して接続します。
そうすることで、停電などで元の電源供給がストップしても、一定時間は電源を保つことが出来ます。

 

でも、一定時間もつだけじゃぁそのうち切れてしまうでしょ? と思うかもしれませんが、その通りです^^;

 

その通りなんですが、元電源の供給が切れると、NASへ信号が送られて、自動でシャットダウン処理をしてくれます。 正しいシャットダウンを行ってくれるので、故障を回避できるというわけです。

 

価格帯も10,000円~30,000円で構成に加えることが可能です。

 

信頼性の高い製品の選択

NASに使われている「HDD」にも、信頼性の高い物と低い物があるのをご存じでしょうか?

 

要は、壊れにくさの違いです。

 

NASは、外カバーに覆われていて、中のHDDは見えませんが、メーカーのページでHDDの情報が公開されている場合があります。

 

たとえば、「Western Digital(ウエスタンデジタル)」製のHDDは信頼性が高いものとなります。

 

とはいえ、このあたりも複合的に「備え」が考えられていれば、信頼性が低くてもかまいません。

 

要は、全体的な構成次第なのです。

 

NAS故障率を減らすには?

 

②HDD故障に備える

ここからはHDDが故障した場合を想定します。

 

みなさんはパソコンのHDDが壊れたことはありますか?

 

機械ものなので、当たりはずれはありますが、HDDの故障はよくある話です。
また数年ほど使っていると、HDD内から異音がして故障に至るということもありますね。

 

そこでNASの世界には、RAIDという機能があります。

 

RAIDとは、複数のHDDにデータを書き込んでおき、どれかが壊れても他のHDDからデータが復旧できる仕組みです。 また、RAIDにも種類が存在しますが、今回は端折ります。

 

そして、ここからが大事なのですが、RAID用HDDをいくつ積むかによって価格帯が大きく変わります。

 

要は、RAID用HDDの個数が多いほど高価です。

 

では、多い方が良いの? と思われがちですが、決してそうではありません。

 

実はHDD2個でも全く問題ありません。
なんならバックアップ構成次第ではRAIDなしでも大丈夫です。

 

確かにRAID用HDDが多い方が、バックアップも多く残せておいたり、データ分散・故障率の分散につながります。

 

ところが、HDD以外の基板や電源が壊れてしまったらどうなるのでしょうか?

 

そうなると修理に時間を要しますし、仕事がストップすることも考えられます。

 

HDDの個数を多くするよりも「NAS以外の他の場所にバックアップを取ること」にコストをかけた方が良い場合もあるのです。

 

次項では、そのあたりを考えます。

 

NASのHDD故障に備える

 

③基板・電源の故障に備える

機械ものなので、基板・電源・ケーブル類・ファンも壊れて当然ですよね?

 

みなさんはこの認識は持っていますか?

 

違う場合は、認識を合わせておく必要があります。

 

早いか遅いかは分かりませんが、そのうち壊れてしまうのです。

 

では、仮に基板や電源が壊れてしまうと、どうなるのでしょうか?

 

基本的には、メーカーに修理依頼をすることになります。

 

そうなるとNASを送る時間や修理期間が必要となり、1週間~2週間またはそれ以上かかる場合があります。 当然、その間の仕事が止まってしまいます・・・。

 

そのように考えると、別の装置にも保存しておいた方が良いですよね?となります。
ここでは、それが何か?と言うお話です。

 

外付けHDDへバックアップを取る

多くのNASでは、外付けUSBHDDにバックアップを保存することが可能です。

NASにUSBHDDを接続する

 

近年では、容量に対して価格が非常に安くなっているので、これを使わない手はありません。

 

また、外付けHDDを3つくらい接続できるNASもあります。
「1つは同期用」、「2つ目は1週間ごとのバックアップ用」、「3つ目は月単位のバックアップ用」など使い分けも可能です。

 

NASからNASへバックアップを取る

NASからNASへバックアップを取ることも出来ます。

 

この場合のメリットは、「全く中身の同じNAS」を常に作っておくことが出来ます。

 

そうすれば、片方が壊れても、もう片方で動作させることが可能です。
これを一般的に「レプリケーション」と呼びます。

 

ところが、もう1台NASが必要なので、コストが上がります。

 

NASからNASへバックアップ、レプリケーション

 

基板電源の故障に備える

 

④別の場所へ備える

では今度は、NASや外付けHDDが災害で浸水し、水没してしまったらどうしましょうか?

 

もしかしたら、運が良くてNASのデータを復旧できるかもしれません。

 

しかし一般的に考えると、データは全滅です。

 

では、「この場合の」バックアップはどのようにするべきでしょうか?

 

その答えとしては、全く別の場所へ保存しておきましょう。となります。

 

例えば、USBメモリに保存して家へ持って帰るでもいいんです。時間と手間がかかってしまいますが。

 

もう一つは、クラウドへ保存するという選択肢があります。

 

One DriveやBoxって聞いたことはありますか? まさにそれのことです。

 

それを利用すると、企業のサーバーにデータを保管できるのです。

 

そうすれば、全く別のところに保存されていることになるので、NAS一式が水没してもデータは確保されます。  

 

実は近年のNASは、クラウドへデータを保存するという機能が搭載されています。

 

この機能も必要に応じて検討しましょう。

 

別の場所へ備える

 

検討材料のまとめ

これまでに挙げた検討材料をまとめます。

 検討材料必ず押さえたい点加えてあると良い点
1UPS(無停電装置)を構成に入れる 
2信頼性の高いHDDを検討する。 
3RAIDは、全体的な構成を考えて選択する。 
4外付けHDDか別のNASへバックアップを取る。 
5USBメモリなどで別の場所へ保管する。 
6クラウドへデータを保管する。 

 

おすすめ構成

今回は「必ず押さえたい点」を抑えたNASの構成をまとめましたので、下記の記事を参照下さい。

関連記事

ネットワークHDD(NAS)のおすすめ構成3選!NASは、あらゆる場所からデータが共有できるので非常に便利な機器です。ところがあまり考えずに購入してしまうと後で痛い目をみることがあります。そこで今回は「壊れにくく」て「データを確保」でき[…]